スポーツ

中日ドラゴンズのオープン戦序盤で石川は気持ち、根尾は投手転向あり

プロ野球中日ドラゴンズは立浪監督の新体制になってとても期待しています。立浪監督は現役引退から長くテレビの解説などに携わってきました。立浪監督の実績からすればいつ中日ドラゴンズの監督になってもおかしくありませんでした。巨人の原監督からのコーチへの誘いもあったようですが、中日一筋ということで断ったそうです。昨年はキャンプでバッティングの臨時コーチを務め、いよいよかなと予感させました。そして今年ついに中日ドラゴンズの監督に就任しました。立浪監督はファンとしても待ち続けた監督でもあり、打撃不振の中日ドラゴンズを立ち直らせてくれるのではと期待は大きいと思います。このブログでも中日ドラゴンズファンとして記事を書いて行こうと思っております。主観中心の勝手な記事で賛成・反対もあると思いますが、ご興味があればお読みいただけると幸いです。



 

中日ドラゴンズのオープン戦序盤

プロ野球のオープン戦が開幕し、中日ドラゴンズの立浪監督の構想が見えてきました。このオープン戦を消化していく中で、2022年立浪ドラゴンズのベスト布陣が熟成されていくと思います。中日ドラゴンズのオープン戦初戦の阪神戦のスタメンは現在立浪監督が考えているレギュラーと言えると思います。ピッチャーがエース大野、キャッチャーが木下です。内野陣はファーストがビシエド、セカンドが高橋(周)、サードが石川、ショートが京田です。外野陣はレフトが福留、センターが大島、ライトが岡林そしてDHに鵜飼です。ベテラン含めて並べた布陣を見れば立浪監督の意志を感じました。この中で注目すべき点について考えていきたいと思います。

まずピッチャーは中日3本柱の大野、柳、小笠原を中心として、又吉が去ったとはいえ、質・量ともに充実していると思います。今年は落合ヘッド・投手コーチの手腕に期待したいと思います。キャッチャーは木下が打撃も期待できることから、正捕手の座を獲得したと言えます。2番手が桂のようですが、山下やマルティネスは打撃を買われて外野やファーストで起用されています。郡司に期待したいところもありますが、まだまだ2軍のようです。内野陣のファーストはビシエドで決まりですが、負傷時の交代要員はたくさんいるので問題はないようです。サードは打撃に期待して石川で固定されました。しかし石川はオープン戦の状態を見る限りまだまだ精神的な弱さが気になります。石川はキャンプを訪れた清原が言っていたように、打席に入る前の準備をしっかり行うことが打席で集中できる助けになると思います。石川がサードに入ったので高橋(周)がセカンドに回りました。しかし高橋の調子を見ている限り、阿部との併用になると思います。高橋には打率3割、ホームラン30本は期待したいので、石川の調子しだいではサードを含めて全試合出場を目指して欲しいと思います。ショートは打撃好調の京田ですが、今年は本物のような気がします。中村打撃コーチの就任は中日ドラゴンズの打撃力にいい効果をあげていると思います。

外野陣は立浪監督が外国人選手の獲得を見送りました。そのためセンターの大島以外は未定でスタートしました。オープン戦序盤でスタメンからライトに起用されているのが岡林です。岡林の打撃を見ていると立浪監督が期待していると言われる通りセンスの良さを感じます。岡林は左バッターで俊足ということもあり、これから長く中日ドラゴンズの一番を背負っていってくれることを期待したいです。ですからもっともっと打撃を磨いて、盗塁にも挑戦していって欲しいと思います。そして残りのレフトの候補としては1年目の福留、鵜飼、根尾でしょうか。セカンドが高橋の場合に阿部がレフトに入ることもありそうです。根尾については今になってもまだまだ強振が目立って、甲子園の栄光から抜け切れていないようです。根尾についてはホームランバッターではなく岡林のようにアベレージバッターを目指して欲しいものです。しかし根尾は今年がだめであれば、ピッチャーへの転向もありかと思います。

中日ドラゴンズのオープン戦序盤まとめ

中日ドラゴンズの立浪監督が打撃不振を立ち直らせてくれる期待は大きいと思います。石川はオープン戦の状態を見る限りまだまだ精神的な弱さが気になります。岡林の打撃を見ているとセンスの良さを感じます。根尾は今年がだめであれば、ピッチャーへの転向もありかと思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP