スポーツ

中日ドラゴンズのオープン戦中盤でサード高橋、ショート根尾を戻して

中日ドラゴンズはオープン戦中盤に入り、序盤好調だった打撃が不振になってきました。起用した若手が始めは勢いを見せましたが、疲れもあるとは思いますが、打率を下げています。こうなってくるとやはり外国人選手の大砲を取るべきだったという話も出ています。しかしそれも今となってはかなわない話なので、今までの出場してきた選手の良し悪しを的確に判断することが大事です。開幕も近づく中で、1軍に残す選手と2軍に戻す選手の選別は立浪監督ら首脳陣の力量にもつながる話かと思います。そこで今の時点での各選手、特に野手陣の評価や改善策について私見を記したいと思います。



 

中日ドラゴンズのオープン戦中盤

中日ドラゴンズの投手陣を支える捕手についてです。正捕手は木下で決まりで、それを脅かす捕手が見当たりません。マルティネスと山下が打撃を買われて外野や一塁をやったりしていますが、この2人を木下の控えとして、あるいはビシエドの交代要員や代打要員として確保しておくことがいいと思います。その意味ではマルティネスや山下を捕手としても起用すべきと思います。内野陣は外野陣に比べて層が薄く感じます。まず1塁はビシエドですが、控えとして捕手のマルティネスと山下がいるので問題ありません。サードが石川で固定されていますが、やはり高橋(周)を元に戻し、セカンドを石川と阿部の併用の方がいいと思います。もちろん高橋が不調なときに、石川もありと思います。そして問題は遊撃の京田です。京田はオープン戦序盤は覚醒してとも思いましたが、徐々に前の打てない京田に戻りました。京田も根尾が外野に回ったので、競争相手がいなくなり、打てなくても安泰状態になっています。ですから外野陣は豊富なので遊撃に根尾を戻し、京田に危機感を与えることが必要だと思います。

外野陣は安泰はセンター大島です。そして今のところライト岡林も開幕スタメンに近い状況だと思います。残るはレフトのみです。候補としては鵜飼、福留が最も近く、続いて根尾、平田、加藤(翔)、ブライト健太、福元などがいます。中でもブライト健太にはまだまだ期待したいと思います。オリックス戦でのブライト健太は1打席目こそ三振でしたが、打席での積極性や選球眼がよく、盗塁のセンスや足の速さにも見るべきものがあったと思います。

中日ドラゴンズのオープン戦中盤まとめ

中日ドラゴンズのオープン戦中盤において検討して欲しいことは、捕手の控えとしてマルティネスと山下の起用。レギュラー安泰の京田を刺激するために根尾をショートに戻す。サードに高橋、セカンドに石川と阿部併用に戻す。ブライト健太にはまだまだ見ていきたいと思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP