スポーツ

中日ドラゴンズのオープン戦結果から石川2軍、根尾ショート戻しだ!

中日ドラゴンズのオープン戦が終わりました。今年から立浪新監督体制となり、中日ファンの誰もがミスター・ドラゴンズの采配に期待しています。オープン戦では最近ドラフトで入団した選手を積極的に起用続けました。しかしオープン戦の序盤こそ若手が期待にたがわない活躍をしていましたが、中盤から終盤にかけては失速気味でした。また中村打撃コーチ効果についても活かされる選手とそうでない選手に二分される状況になっています。又吉が抜けたとはいえ、セリーグ随一を誇る投手陣を擁する中日ドラゴンズの命運は打撃陣の覚醒にかかっています。中日ドラゴンズのオープン戦の結果を踏まえ、開幕に向けた新しいスタメンオーダーについて検討してみたいと思います。



 

中日ドラゴンズの開幕スタメン

中日ドラゴンズの投手以外の内野陣についてです。まずは正捕手は攻守に違いを見せる木下で決まりです。特に打撃については中村コーチの効果を最も活かしている選手です。チャンスにも強く打順は5番でホームラン20本、打率3割、打点100も夢ではないようにも思います。1塁はビシエドですが、最近は全盛期は過ぎたかなと思います。ビシエドがオープン戦のような調子では打撃陣も少し苦しくなると思います。サードは石川ではなく高橋を戻します。高橋のオープン戦の調子はよく、これをシーズン中も続ければホームラン20本、打率3割も可能かと思います。そしてセカンドは阿部でいいかと思います。石川はオープン戦の調子を見れば、まだまだスタメンを任せるのは難しいという結論です。石川は中村コーチのアドバイスを受け入れず、ただあてるだけの迫力の無い打ち方になっています。これでは中日ファンが期待する石川の遠くに飛ばす魅力はありません。石川をもう一度2軍に戻して、迫力ある打撃を身に付けたら1軍に上げればいいかと思います。最後にショートですが、京田の打撃はかなり問題です。いくら守備がよくてもオープン戦の成績では中日の得点力に貢献できないように思います。京田に刺激を与えるために根尾をショートの戻し、併用していくことがいいと思います。根尾も決して全試合出場できるような打撃はありません。ショートは京田根尾で一人分という感じだと思います。

中日ドラゴンズの外野陣です。センターは大島で決まり。ライトは岡林ですが、負傷したので開幕間に合わなくてもいいと思います。レフト候補はたくさんいますが、候補としては福留鵜飼が一番手かなと思います。ブライト健太は将来性はあるように思いますが、もう少し2軍で磨いてから1軍に上げたらと思います。以上が開幕スタメンですが、石川の2軍や根尾のショートについては、立浪監督が今更決断できるかどうかが問題だとは思います。立浪監督は頑固ということで、一度言ったことを押し通そうとする可能性が高いです。監督として柔軟性を持っていることが重要だと思いますが、立浪監督が大監督になれるかどうかの瀬戸際かもしれません。

中日ドラゴンズの開幕スタメンまとめ

セリーグ随一を誇る投手陣を擁する中日ドラゴンズの命運は打撃陣の覚醒にかかっています。石川はただあてるだけの迫力の無い打ち方になっているので2軍へ。京田に刺激を与えるために根尾をショートの戻す。立浪監督として柔軟性を持っていることが重要だと思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP