スポーツ

中日ドラゴンズの立浪監督の根尾ショートは一方的信頼から競争重視へ

中日ドラゴンズは開幕でつまずきましたが、投手陣の踏ん張りで順調に勝ち越しを続け、現在は2位につけています。打撃陣も昨年に比べれば本塁打の数や得点力も上がっています。断トツが巨人で最下位の阪神で上下に抜きん出ているので、セリーグの順位が少しいびつな状況です。中日ドラゴンズの立浪監督も最初は就任1年目でAクラスねらい程度だったと思います。しかし中日ドラゴンズが優位な投手陣を持ち、打撃陣もそこそことなればファンも優勝への期待も膨らみつつあります。期待できそうな中日ドラゴンズだからこそ、立浪監督の采配や選手の成績にもファンは厳しくなっています。中日ドラゴンズの立浪監督には一方的信頼よりも競争による危機感こそが選手を育てることをわかって欲しいと思います。



 

中日ドラゴンズ選手の成長は信頼より競争

中日ドラゴンズの立浪監督がとうとう根尾のショートへの再コンバートを決断しました。このことが何を意味するかを考察したいと思います。まずショートの現レギュラーの京田についてです。立浪監督はオープン戦から開幕、そして現在まで一方的信頼で使い続けてきました。しかし京田は全く打撃が振るわず、チャンスで打順が回っても殆ど得点に結びつけることができませんでした。京田が打たなかったために負けた試合もありました。確かに先発が高橋(宏)のときだけ勝ちに貢献もしましたが、全くたまたまという感じです。最近では立浪監督も「打順が8番だから打たなくてもいい。守りだけがんばってくれれば。」と意味不明なことを言っていました。重要なことは立浪監督の京田の評価がこの程度だったことが明確になったことです。おそらく京田も立浪監督のこのコメントを目にしたと思いますが、「打たなくてもいい」と言われたことはショックだったと思います。立浪監督も内外の周りからいろいろ言われてかばいきれなくなったと思われます。今回の根尾のショートへの再コンバート決断の理由として、京田にライバル不在の点を言及していました。立浪監督もやっと選手を成長させるために必要なことは一方的信頼ではなく、競争させて危機感を持たせることだとやっとわかったかもしれません。立浪監督としても今回のことは監督として成長する出来事になったようにも思います。

続いて再コンバートされた根尾です。確かに根尾にとって昨年の秋季キャンプで立浪監督に外野一本と言われ、今回は外野に人がいるので内野に戻れと振り回されて気の毒に思います。しかし立浪監督が根尾を外野に専念させたことは、当時新外国人も取れない状況での外野の層の薄さ補う意味がありました。それが岡林や鵜飼の台頭やベテラン福留、平田、阿部、そして捕手の木下固定ではじき出されたマルティネス、山下など数は多すぎる程になってしまいました。現在は外野の選手の豊富さに比べれば、内野の選手層の薄さが問題となってきています。そんな背景の中で京田のライバル不在ということもあって今回の根尾の再コンバートになりました。しかし表面上はこんなことだと思いますが、根尾にとっての正念場の問題が含まれていると思います。根尾はドラフト1位で入団以来、中日ドラゴンズもその打撃を使える場を考えてきたと思います。しかし根尾の打撃がそれほどでもないことがわかってきたのではないでしょうか。ですから根尾を使う場所を無理して探す必要がなくなったわけです。それなら根尾自身も一番望んでいるショートに戻して、2軍で鍛えなおそうということでした。もし根尾が復活して京田の代わりが務まるようになればいいのですが、このまま1軍に戻れる実力を示さなければしょうがないというあきらめも入っています。根尾がこのまま浮上せずに引退までいく可能性も十分あるということだと思います。中日ドラゴンズもこれ以上根尾に振り回されることをやめたということだとも思います。根尾にとっても特別待遇はなくなったことで正念場を迎えたことになります。ただ一つ根尾に最後に残された投手転向のチャンスもあるので、ショートでだめなときは球団としても投手転向を勧めるのではないかと思います。根尾のプライドの高さも考えれば投手の方が向いているのかもしれません。来年以降に根尾の投手としての活躍が見られるかもしれません。それはそれで楽しみでもあるかと思います。

中日ドラゴンズ選手の成長は信頼より競争まとめ

中日ドラゴンズの立浪監督もやっと選手を成長させるために必要なことは一方的信頼ではなく、競争させて危機感を持たせることだとやっとわかったかもしれません。京田と根尾にとっても特別待遇はなくなったことで正念場を迎えたことになります。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP