子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

フィギュアスケート女子の紀平梨花が逆転Vで次は世界選手権制覇だ!

フィギュアスケート女子の紀平梨花が四大陸選手権で優勝しました。四大陸選手権はヨーロッパを除くアジア、アメリカ、アフリカ、オセアニアの4つの大陸の選手に出場資格があります。強力な選手がいるヨーロッパ勢がいないので、今の世界レベルで行けば日本の選手に上位の可能性が高い大会と言えます。各種目ごとに各国最大3人までの出場が認められています。今回日本からは全日本選手権で優勝した坂本花織の他、紀平梨花、三原舞衣が参加しました。



フィギュアスケート女子四大陸選手権

フィギュアスケート女子の四大陸選手権が始まる前に紀平梨花が練習中に手を負傷したというニュースが大々的に報じられていました。スケートは足で滑るので手の負傷は軽視されがちです。しかしどんなスポーツでも同じだと思いますが、フィギュアスケートも全身で力を出し切ることが必要で、手の負傷と言えども力が100%出せない状態になると思います。紀平梨花自身も手の負傷でどうなるかわからないと言っていたこともわかります。その影響があったと思いますが、SPで坂本花織が2位につけましたが、紀平梨花は5位と大きく出遅れました。トリプルアクセルが1回転になってしまった結果でした。

今日のフリーを迎え、練習の様子からは負傷した手の具合も多少は改善したように見えました。グランプリ(GP)ファイナルで見せた2回のトリプルアクセルよりは1回少なくなりましたが、完璧にトリプアクセルを成功させました。以降の演技も全て成功させて高得点を叩き出しました。トリプルアクセルを1回にしたのは、今の自分の状態を見極めた冷静な判断だと思います。そして見事逆転Vを成し遂げました。本当におめでとうと言いたいと思います。紀平梨花の強さは圧倒的でした。最後は勝ちを取れる選手としての強さを持っているようです。3月の世界選手権が楽しみです。

紀平梨花の得点に圧倒されたのか、SPで紀平梨花の得点を上回っていた坂本花織とアメリカの二人の選手にミスが出て得点があまり伸びませんでした。3位の表彰台に上がった三原舞衣や今回は残念だった坂本花織にも今後がんばって欲しいと思います。そしてもう一つ気になったことが、2位になったカザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワが冒頭で4回転サルコーに挑んだことです。転倒して大きく原点されたようですが、きっちり2位に食い込みました。このようなシニアの国際大会で4回転に挑んだのを初めて見ました。もし成功していたら、大きなニュースになっていたでしょう。結果も紀平梨花の上だったかもしれません。練習では着地していたとの情報もあり、今後紀平梨花の強力なライバルになる可能性もあると思います。

フィギュアスケート女子四大陸選手権まとめ

フィギュアスケート女子の紀平梨花が四大陸選手権で優勝しました。3月の世界選手権が楽しみです。紀平梨花は大会前に手を負傷して、完全な状態でない中で、しかもSPで出遅れて、フリーで理想を狙わずに勝ちを取りにいくあたりが勝負師のような気がします。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.