子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

フィギュアスケート女子の紀平梨花は6連勝で試合に勝つ精神力熟成!

フィギュアスケート女子の紀平梨花がオランダのハーグで開催されたチャレンジカップで優勝しました。オランダスケート連盟が主催し国際スケート連盟の規定に従い開催されます。フィギュアスケートの国際大会はオリンピックを頂点に、同レベルで世界選手権があります。その下に四大陸選手権とヨーロッパ選手権があり、グランプリシリーズまでがメジャーです。今回のチャレンジカップはそれらに比べれば小さく、ランキング上位の選手もあまり出ていません。紀平梨花は3月20日からの日本開催の世界選手権を見据えての出場と思われます。



紀平梨花のチャレンジカップ優勝

紀平梨花はオランダのハーグで開催されていたチャレンジカップのSPでトリプルアクセルがダブルアクセルになってしまい、2位につけることになりました。先般の日本選手権や四大陸選手権でも同じようにSPで失敗しています。紀平梨花がSPが苦手なのでしょうか。SPは滑る内容が決まっているので、不得意の演技があると不利かもしれません。また最初がSPなので、その緊張感からの失敗かあるいは気合の入り方が弱いのかなどいろいろ原因はあるのかもしれません。今回も得意のフリーでトリプルアクセルを1回着氷させて逆転に成功しましたが、このSPの弱点を修正していかないと、強豪が集う世界選手権やオリンピックでは苦戦を強いられるような気がします。

紀平梨花がシニアデビュー以来連戦で経験を積んで来ましたが、まだ経験していないシチュエーションがあります。それは強豪ひしめく国際大会の中で、優勝争いの中で最終演技者となる場合です。GPファイナルではサギトワが、四大陸選手権では坂本花織がミスして優勝を逃しています。紀平梨花はいずれの場合にも先に演技して断トツの得点を出して、後ろの演技者にプレッシャーを与えました。もしこれが反対の立場ならどうなるでしょう。紀平梨花は6戦連勝でフリーでの冷静な判断と滑りが何かと評価されています。しかしこれが本当に紀平梨花の姿でしょうか。今回のマイナーな大会のチャレンジカップに敢えて出場したのも、試合に勝つ精神力は試合でしか培われないという判断のもとでの出場だったような気がします。言わば場数を踏むと言う考え方かと思います。今の紀平梨花にとって、当面の目標である世界選手権での優勝ということを考えると正しい選択だったと思います。これで世界選手権を制して、次に迫りくる最大のオリンピック優勝に向けて、4回転も含んだ挑戦への道が開けることを期待したいと思います。

紀平梨花のまとめ

フィギュアスケート女子の紀平梨花がオランダのハーグで開催されたチャレンジカップで優勝しました。紀平梨花のSPにかかる弱点克服と試合に勝つ精神力の熟成が来たる世界選手権の優勝への鍵です。紀平梨花は必ずやってくれると思います。それだけの努力をしているから。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.