タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

フィギュアスケート世界選手権で紀平梨花のSP失敗は戦略ミスでは?

フィギュアスケート世界選手権が始まりました。女子SPはロシアのアリーナ・ザギトワが断トツで1位になり、日本の坂本花織が2位、そしてカザフスタンのエリザベト・トゥルシンバエワが3位になりました。期待の紀平梨花は7位、宮原知子は8位に終わりました。ロシアのエフゲニア・メドベージェワは4位と巻き返しています。



フィギュアスケート世界選手権の紀平梨花

フィギュアスケート世界選手権の女子SPで紀平梨花は冒頭のトリプル・アクセルに失敗しました。事前の情報によれば、紀平梨花の調子は悪くなく、日本での開催で時差もあり得ません。あるとすれば期待の大きさによるプレッシャーなのかなとも思います。おそらく微細なことで無理と判断したと思います。逆に無理して挑戦して転倒するよりは傷が浅かったのかもしれません。いずれにしても紀平梨花のSPの弱点は間違いなさそうです。大会の最初の演技から来る緊張感と身体の大会慣れ不足のような気がします。トップのサギトワとの得点差が大きすぎて、余程のミスがない限り逆転は難しいでしょう。しかし紀平梨花のことなので、フリーでは逆転のためのプログラムを実行して来るでしょう。そして紀平梨花はこれを見事にやってのけると思います。しかし逆転までできるかどうかはわかりません。

ここで少し考えたいのが、紀平梨花がSPでトリプル・アクセルを跳ぶ必要があったのかどうかです。普通のトリプルであれば、全てに実力のある紀平梨花であれば、サギトワの上にいくのは無理だったとしても、坂本花織と同じ2位程度につけることはできたと思います。そしてフリーでトリプル・アクセルを2本決めれば優勝できると思います。ですから不得意のSPで無理してトリプル・アクセルを入れる必要がなかったような気がします。将来、ロシアの4回転を跳ぶ選手が出てきた時には、SPからトリプル・アクセルないしは同じ4回転を跳ばないと、フリーだけで逆転することはできないでしょう。その時は失敗覚悟でSPから果敢に挑戦していくしかないでしょう。しかし今回の世界選手権では、紀平梨花のようにトリプル・アクセルを跳ぶ選手はいないわけで、敢えてSPに入れる必要がなかったのではと思うわけです。いわゆる紀平梨花の今回の世界選手権優勝の戦略として、果たして正しかったのだろうかと疑問を持たざるを得ません。

フィギュアスケート世界選手権女子優勝は?

フィギュアスケート世界選手権女子の優勝はこれで限りなくロシアのサギトワが有力になりました。サギトワが大きなミスをしない限りは、坂本花織も逆転は難しいでしょう。前述したとおり、紀平梨花に逆転の可能性のある演技を期待したいとは思います。もう一人気になるのが3位のカザフスタンのエリザベト・トゥルシンバエワです。四大陸選手権で紀平梨花についで2位になっています。この時彼女はフリーで失敗はしましたが、4回転に挑戦しています。もし彼女が今回の世界選手権のフリーで4回転を成功させたら、十分サギトワを逆転できる可能性があるのではないかとも思います。実際4回転を跳ぶかどうかはわかりませんが、サギトワを抜くにはそれしかないことも事実だと思います。最後にロシアのメドベージェワですが、よくここまで復活してきたと思います。ロシアを離れ、コーチを変えてまだまだ復活途上だとは思いますが、今後に期待を持たせるものでした。

フィギュアスケート世界選手権女子まとめ

フィギュアスケート世界選手権の女子SPでロシアのサギトワが1位、2位に坂本花織、紀平梨花はトリプル・アクセルの失敗で7位です。紀平梨花がSPにトリプル・アクセルを入れる戦略が正しかったのか疑問ですが、フリーでは大差を逆転できる演技を見せてくれると思います。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.