タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

フィギュアスケート世界選手権惨敗の紀平梨花には勝つ戦術と心が必要

フィギュアスケート世界選手権女子が終わりました。ロシアのアリーナ・ザギトワが貫録で1位になり、カザフスタンのエリザベト・トゥルシンバエワが初めて4回転を決めて2位になりました。ロシアのエフゲニア・メドベージェワは3位と復活しました。期待の紀平梨花は4位、坂本花織は5位、宮原知子は6位となり、日本勢は惨敗でした。実力的にはまだまだロシアの牙城は揺るがないという感じです。



フィギュアスケート世界選手権の紀平梨花

フィギュアスケート世界選手権の紀平梨花は負けました。敗因はやはりSPでのトリプル・アクセルの失敗でしょう。世界選手権で勝つことを優先して考えれば、SPでトリプル・アクセルをやる必要はなかったと思います。紀平梨花は昨年のGPからトリプル・アクセルをSPで1回、フリーで2回と言い続けてきました。これをメディアが風潮して、紀平梨花はそうするものだ、そうしないといけないという雰囲気がありました。勝つ戦術としてプログラムを臨機応変に変える必要があるのではないかと思います。もう一つ紀平梨花が日本での大会に弱いのではという疑念です。昨年の全日本選手権も敗れています。日本以外の外国で開催される大会ではすべて優勝しています。これが意味するものとして、日本開催の場合の期待の大きさから来る緊張感の問題です。紀平梨花は根がまじめな性格だと思います。ですから慎重に考えすぎて負担になっているように思います。それが外国であれば、日本の期待を直には感じられないのが逆にいいのではないかと思います。ですから世界選手権が他の国でもし開催されていたなら結果は変わったかもしれません。一流のアスリートであればそんなメンタルな部分も克服するべきと思いますが、人にはそれぞれ弱点があります。紀平梨花の場合に日本開催が不利に働くのです。次の冬季オリンピックは北京です。少なくともこの懸念がない場所です。ここは割り切ってラッキーと思ってもいいのではないでしょうか。

フィギュアスケート世界選手権後の話

フィギュアスケート世界選手権が終了し、トップアスリート達は次の北京オリンピックを目指します。この舞台で優勝する可能性がある選手は誰でしょうか。やはり一番可能性が高いのはサギトワでしょう。サギトワはトータルでは群を抜いているようです。もしトリプル・アクセルや4回転ができるようになるとほぼ決まりという感じです。メドベージェワは復活はしましたが、これ以上は無理かもしれません。トゥルシンバエワは4回転が武器になりますが、トータル的にどうかといえば難しいと思います。そうなると残るはロシアの4回転を跳ぶ若手と紀平梨花がサギトワを脅かすという構図になるような気がします。坂本花織も現状のままでは2位以下がいいところでトップには立てないでしょう。宮原知子には年齢的問題もあり、代表の座を若手に奪われる可能性もあると思います。以上のように北京オリンピックまではサギトワ中心に回っていくと思います。紀平梨花にはSPの克服とメンタルの強化をはかり、北京オリンピックで花が開いて欲しいと思います。

フィギュアスケート世界選手権まとめ

フィギュアスケート世界選手権はロシアのサギトワが優勝し、日本は紀平梨花の4位が最高と惨敗しました。紀平梨花には勝つための戦術を考える必要性とメンタルの強化をはかってもらって、来るべき北京オリンピック目指していって欲しいと思います。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.