健康

ヒートショック対策の浴室の床マットは穴なしで水はけのいいもの  

ヒートショックは気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをいいます。この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。ヒートショックは冬場に暖房の効いたリビングから洗面脱衣室に移動し、浴室に入る時などに起こります。リビングから洗面脱衣室に移動した際には、寒さに対応するために血圧が上昇します。そこで衣服を脱ぎ、浴室へ入るとさらに血圧は上昇します。その後、浴槽に入ると、急に体が温まるため、血圧が下降します。特に10℃以上の温度差がある場所は危険とされており、注意が必要です。

浴室内のタイルが冷えているとヒートショックが起こることもあるようです。タイル貼りの床は一度冷えると温度が上がりにくく「はじめの一歩」はとかく苦痛です。冷え防止や転倒しても怪我をしないように浴室の床にマットを敷いておくと効果的と言えます。何もない場合は乾いた浴用タオルを足元に敷きその上に立ち、足元に掛け湯をしてその後タオルはふつうに使うといいです。また入浴の直前にシャワーで床や壁面を暖め、洗面脱衣室で洋服を脱ぐ間もそのままシャワーを出しっぱなしにしておくと入浴時のヒヤッとした寒さが和らぎます。ですので高齢者のご家族がいる方などは浴室対策はしっかりとしておいた方がいいと思います。



 

ヒートショック対策の浴室床マット

浴室に入った時、最初に触れるのが足元の床だと思いますので、ここを暖かくすることで、 ヒートショックを防ぐことができます。床マットはいろいろな素材のものがあります。保温性の高い発砲ポリプロピレンのマット、衝撃を吸収するラバータイプのマット、スノコタイプや畳タイプのマットもあります。タイル張りのひんやりする床には、断熱性の高いマットなどを引くことでかなり寒さが改善できます。これらはそれほど高いものではありませんので、浴室に入るときに寒いから億劫になっている方、高齢のご家族のいらっしゃる方は、事前に準備をし対策することです。大事なのは暖かい状態であること、転倒しないことですので、中でも発砲ポリプロピレンのマットなどはとてもお勧めです。

安全性を考慮した浴室の床マットを選ぶ事はとても重要であるといえます。また浴室を清潔に保つためにも掃除のし易さを考慮した床マットを選ぶことも大切です。

  • 毎日冷たい床に耐えながら入浴することは、体にも大きな負担となります。特に冬場はヒートショックを招きかねません。そのため床マットは冷たくなりにくい保温性のあるものを選びます。
  • 浴室での転倒事故はとても危険です。たとえ死に至らずとも、障害を残すことや大きなケガに繋がりかねません。そのため床マットは滑りにくいものを選びます。
  • 万が一浴室で転倒した際に備えて衝撃を吸収し、直接座っても痛くないような柔らかいクッション性に優れた床マットを選びます。
  • 浴室は湿度や温度が高くなる場所であるため、汚れやカビが付きやすい場所です。そのため床マットは汚れがつきにくい、カビに強いものを選びます。また日頃からのお手入れも重要ですので、床マットは掃除のしやすいものを選びます。

浴室の樹脂床マットは耐湿・耐水性に優れていることが挙げられます。滑り止め加工や水はけのよい加工が施されているものもあり、デザインの観点からみると、色のバリエーションが豊富です。汚れやすいですが、掃除のしやすい点も特徴のひとつと言えます。木製すのこは和風の浴室にしたい方や木の香りや自然の中にいるようなリラックス感を得たい方にお勧めです。しかし木である故に浴室には不向きである点も多く見受けられます。例えば木が腐ることや、ぬめりが出てくるなどが挙げられます。木製床マットの特徴は滑りにくいことが挙げられます。以上から木製よりは樹脂の方がいいかなと思います。次に浴室の床マットの水はけのよさが選ぶ重要な要素になります。水はけが悪いといくら保温性があってもその水でヒヤッとしてしまいます。水切り穴のあるマットがいいと思うのですが、水切り穴があると抜けた髪は絡まるし、穴にカビがはえて掃除し辛いという問題があります。ですから水切り穴がなく折りたためて、コの字に折って自立して立て掛けて乾燥できるものにしたいと思います。ですが気になるのは水はけです。口コミで水はけが問題ないと書いてあった東和産業 風呂マット・すのこ ベージュ 約85×60cmに決めました。少し他に比べれば値段が高めですが、使いやすくいいものであることを信じて購入することにしました。

東和産業 風呂マット・すのこ ベージュ 約85×60cm

ヒートショック対策の浴室床マットまとめ

ヒートショックの冷え防止や転倒しても怪我をしないように浴室の床にマットを敷いておくと効果的と言えます。浴室の床マットは保温性、滑りにくさ、クッション性、汚れにくさ、掃除しやすさなどが選ぶ上で重要です。東和産業の風呂マット・すのこを選んでみました。

*この記事は作者の主観で書いているため、内容については確認ください。

ヒートショックの他の記事

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-健康
-

PAGE TOP

© 2021 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5