子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

大相撲秋場所の優勝は白鵬、高安、豪栄道?誤算は稀勢の里と御嶽海!

大相撲秋場所12日目が終わり、白鵬が全勝、2敗で鶴竜、高安、豪栄道が追う展開です。今場所進退がかかった稀勢の里は9勝3敗で何とか進退問題には発展しない状況です。このままいけば白鵬の優勝でしょう。しかしこれからは上位陣の星のつぶし合いです。モチベーションの強いものが勝ちます。どのスポーツも同じで、実力もさることながら精神力が勝敗に大きく左右します。この後の3日間が楽しみです。

大相撲秋場所の優勝予想

まず誰が一番モチベーションが高いでしょうか?やはり白鵬でしょうか。最近優勝もなく、休場もたびたびしてきました。誰よりも優勝に餓えています。昔ほどではないですが、まだまだ実力はあります。しかし最近の白鵬には確実性がありません。負ける可能性もなくはないのです。



次は誰かというと難しいですが、高安ではないでしょうか。今場所は調子があまりよくないと言われていましたが、ふたを開けて見れば優勝戦線に残っています。上位陣でまだ優勝していないのは高安だけで、のどから手が出るほど優勝したいと思っています。大関になってから正直兄弟子の稀勢の里に影響されたように思います。その稀勢の里もとりあえずは引退の危機は回避できたようなので、自分自身のことだけ考えられます。また高安は既に上位陣との取り組みが終わっているので、取りこぼしさえなければ、このまま2敗を堅持できると思います。しかし高安には取りこぼしが多いという弱点もあるのでわかりませんが。ただもう白鵬との直接対決がないのが残念ですが、今日の稀勢の里が弟弟子のために白鵬を破ってくれれば可能性は大きく広がるのですが。

残るは豪栄道鶴竜です。今日取り組みがあるので、勝った方が優勝戦線に残るでしょう。モチベーションから言えば、豪栄道に分があるように思います。鶴竜は今年2度の優勝経験もあり、しゃにむに優勝ということはないでしょう。あるとすれば横綱の意地でしょうか。それに比べ豪栄道は調子もよく優勝もできたのにできないという自分に対するジレンマがあると思います。そのジレンマを発散したいというモチベーションはかなり大きいと思います。実力的にも鶴竜にはひけを取りません。ということで今の時点では、優勝候補は白鵬、わずかな望みで高安、豪栄道かなと思います。

大相撲秋場所の誤算

もう一つ特筆すべきは関脇御嶽海の大関昇進がなくなったということでしょうか。先場所の優勝したことや、前半戦の勢いからすれば誰もが大関間違いなしと思っていました。しかし後半戦に入るや、平幕の相手に負け出しました。あれだけの強心臓と言われた御嶽海でも堅くなるようです。御嶽海は本番に強く、練習ではあまり強くないと言われます。気合の入り方が違うのでしょうか。これが強みのように言われてきましたが、これが弱みに思えます。いくら強心臓でも大関昇進の壁を乗り越えられるだけの実力がまだないということです。御嶽海も今回のことを反省して、練習も気合いを入れてやるようにしていかないといつまでも大関には上がれないと思います。

そしていい意味の誤算が稀勢の里です。正直稀勢の里の今回の成績を予想できたでしょうか。おそらく前半戦で負けが込んで引退と誰もが思っていたと思います。前半戦はサーカスが如く綱渡りで乗り越えました。勝ち続けることが自信につながり、後半戦に誰もが期待しました。しかし逸ノ城戦の負けを見て、何を考えてるんだと思える内容でした。本人も珍しく顔に出して、悔しがっていました。自信が出てきて自分は横綱だから、立ち合いをふあーと立っても勝てるとでも慢心したのでしょうか。いくら横綱でも挑戦者の意識はいつも持つ必要があるんだなとこの時思いました。稀勢の里も今後は白鵬とやるときのように、誰に対してでも挑戦者の気持ちでかかればおのずと勝ち星がついて来ると思います。

大相撲秋場所まとめ

大相撲秋場所の優勝候補は白鵬、続いてわずかな望みで高安、豪栄道でしょうか。御嶽海の大関昇進がなくなり、終盤戦の優勝争いに焦点が絞られてきました。稀勢の里の引退もなくなり、これから稀勢の里が上位陣にどのような相撲を取るかが楽しみです。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.