タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

日本体操女子の宮川紗江の勇気を今一度称えよう!協会も変わるべき!

日本体操女子の宮川紗江選手のことが久々にニュースになっています。日本体操協会が宮川紗江選手に反省文を提出させたようです。また池谷幸雄氏もテレビで批判したということで厳重注意になりました。この話を聞いて、日本体操協会が自分達の行為で協会の品位を落としていることに気が付かないのでしょうか?日本体操協会と言えば、体操日本を支えてきた権威ある組織だと思いますが、やることなすこと全てがレベルが低すぎます。本当に情けない限りです。



宮川紗江の勇気

日本体操女子の宮川紗江選手の後見人たる高須院長がコメントしていましたが、全くの正論だと思います。そして宮川選手を支援したいだけ、争う気はありませんと、宮川紗江選手の選手活動に悪影響を与えない配慮をされての発言です。高須院長には美容整形ということで、正直少し敬遠するところもありました。しかし最近は自分のがんを告白して、達観した境地での発言のような気がします。池谷幸雄氏への厳重注意にしても、いくら協会会員だとはいえ、何かしら言論の自由に圧力をかけているようにも見えます。宮川紗江選手のように今後声を上げる人がいなくなってしまうのではないかと心配です。宮川紗江選手が反省文を提出したのも、これ以上協会ともめるのは得策ではないとの判断によるものとは思います。塚原夫妻の引退が決まっていて、新しい強化本部長になっています。とりあえず体制は改善されたわけで、これ以上はという感じでしょうか。今回の日本体操協会の姿勢が何か塚原夫妻が後ろで糸を引いているような気がしないわけではありません。塚原夫妻の復権がありそうで少し怖い面もありますが、ここは高須院長にもがんばってもらって、我々も注意して見ていく必要はあるかと思います。宮川紗江選手にもがんばって東京オリンピックに出て欲しいと期待しています。

宮川紗江の残したもの

日本体操女子の宮川紗江選手のケースと同じように、日本大学のアメリカンフットボールのファウル事件でも刑事告訴まではいきませんでしたが、一応監督と加担していたコーチは退くことになりました。その監督が日本大学を訴えたとも聞きましたが、一応社会的制裁は受けたわけです。ですから決して十分ではありませんが、いずれにも勇気をもって声をあげた選手が報われたという印象はあります。少なくとも民間では社会的制裁を受け、本人が相当なダメージを受けることになったわけです。しかし公的不祥事の事例に目を向けると、例えば森友学園問題の佐川元国税庁長官や加計学園問題の柳瀬元秘書官などは社会的制裁を受けたでしょうか。彼らが安倍政権をかばえば何か得あるとしか思えません。これだけ世間から非難されても白を切り続けるずぶとさはさすがとしかいいようがありません。しかし一人の人間として、それでいいのでしょうか。自分の人生に悔いは残らないのでしょうか。彼らにも守る家族があるでしょうが、自分の行いが本当に家族のためになるのでしょうか。彼らを見ていると腹立たしいというよりも、人としてかわいそうとしか思えません。本当に不幸なんだと思います。もっと幸福になれる処し方はあったと思いますが。

宮川紗江のまとめ

日本体操女子の宮川紗江の告発により、日本体操協会から塚原夫妻が退くようです。一時的にはこれでよかったと思いますが、日本体操協会の体質も変わって欲しいと思います。更に塚原夫妻の復権だけは勘弁して欲しいものです。宮川紗江がんばれ!東京オリンピックへ!

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.