子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

子育て

高校3年生の進路で大学の学部で生命・環境学系統をチェック!

生命・環境学系統の目的は人間と自然が共生できる社会の実現です。生物学、地球環境学、生物資源学といった領域があります。具体的には、生命現象の探求、生物と地球環境の相互作用の解明、生物資源の持続的利用技術の研究などを行います。生物学は地球上のあらゆる生物を研究対象とする学問です。生態や分布といったマクロの視点から、DNAや分子レベルのミクロの視点まで、その研究領域は非常に幅広いものとなっています。生物が関わる環境や生態系といった観点からも研究が行われており、長い時間軸で見た場合の地球環境とも深い関わりのある学問分野です。また人類は古来から生物の働きをさまざまな食品に活用してきました。たとえば酒や醤油の醸造は、細菌の働きによる発酵作用を利用しています。近年ではバイオテクノロジーの分野が注目を集めており、IPS細胞(人工多能性幹細胞)の医療分野での応用が期待されるなど、今後の科学や医学の発展にも大きく貢献していくことが見込まれています。生命現象を遺伝子レベルで解明していく研究もさかんに行われるなど、遺伝子工学とも関わる総合的な学問として、生物学はさらなる発展を続けています。そして私たちの暮らしをより安全で豊かなものにするための研究が進む一方で、生物への畏敬の念や自然環境への配慮といった意識も求められる研究分野と言えます。



 

気候変動や異常気象発生などの地球環境の変化は、大気・海洋・土壌・植生・水圏・生態圏と人間・諸動物の活動などから成る地球システム や生態環境システムと連動しています。これらシステムを構成する基本構造、変動過程、共生関係や相互作用について、例えば地球の進化、 風土・テロワール、地球環境保全、動植物の生理生態・生態調和や人間活動について、観察・観測、実験・調査、リモートセンシング、数値解析などを援用して研究します。研究で得られた新たな科学的知見、研究を通して修得した思考力・実践力を活かし次代の文化形成と持続可能な社会構築に貢献できる人材養成に向けた教育研究を行います。

大学の生命・環境学系統の学部

生物学

生物学は生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探ります。研究の対象は生きとし生きるもの全て。生き物の生態を観察・分析することで一定の法則を見つけ出すマクロの分野だけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、遺伝子といったミクロの世界にも迫る学問です。生物学の基礎として、発生学や遺伝学、生化学といった科目を学びます。実験や実習を通じて研究を進めることになるため、基本的な研究の進め方や実験方法についても知識を習得する必要があります。こうして体得した研究の基本に則って、3・4年次にはバイオテクノロジーや構造生物学といった専門性の高い分野へと進んでいきます。また、身近な生物が研究対象となる場合もあることから、研究室での実験や実習のみに留まらず、フィールドワークによって実際の生物を観察し、その機能や生態についてデータを収集して分析することもあります。

バイオ・生命科学

バイオ・生命科学は生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明します。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もあります。ただし、いずれの専門分野を研究する場合においても、土台となるのは生物学や化学、生物物理学といった基礎研究分野です。こうした土台にあたる知識を1年・2年次に学び、その後の専門領域に進むための下準備をします。3年次以降はゼミや研究室での専門的な領域へと移っていき、実習や実験を通じた実践的な研究が行われることもあります。バイオテクノロジーなどの分野では、実際に企業と連携して実証実験を行うなど、実社会に役立つことを実感できる場面に立ち合うこともあります。

地球環境学

地球環境学は地球や太陽系のその他の惑星を対象として、その構造や自然環境、歴史について学びます。地球環境学を構成する諸分野の先端的内容を理解し,専門的内容の方向性を理解します。地球の理解,地球の利用,地球との共生などに関する幅広い知識を習得することを目的とします。人文科学・社会科学・自然科学の環境に関連する専門分野を融合し、地球環境問題の解決を目指す学問です。

大学の生命・環境系統の学部の卒業後

主な就職先は官公庁、環境や農業関連の研究機関、食品・医薬品・化学系メーカーなど。大学院への進学者が多いのが特徴です。目指せる資格は中・高校教員免許、食品衛生管理者、学芸員など。

大学の生命・環境系統の学部まとめ

生命・環境学系統の目的は人間と自然が共生できる社会の実現です。生物学は生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探求。バイオ・生命科学は生命の誕生、成長、生理現象などを分子レベルで解明。地球環境学は地球や太陽系の惑星の構造や自然環境、歴史を学びます。

*この記事はいろいろな情報を検討し、あくまで主観で書いていますことをご了解願います。

子育てで親の参考になる話、絶対知っておいた方がいい話が満載-目次

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-子育て
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5