スポーツ

サッカーU-24日本代表のアルゼンチン戦をわかった横内監督ありき

サッカーU-24日本代表のアルゼンチン戦は初戦が1対0で負けましたが、2戦目で3対0で勝ちました。と言ってもあくまで親善試合であり、アルゼンチンが本気モードになればどうなるかわかりません。更に言えば、2戦目の得点は縦パス一本とセットプレーによるもので、流れの中での得点ではありませんでした。アルゼンチンの守りを崩したとは言い難いところがあります。しかし2戦目の後半はアルゼンチンもかなり本気モードだったので、この勝利は価値があると思います。優勝候補相手に五分で戦えたことは今後のためによかったと思います。そしてサッカーU-24日本代表の招集メンバーのイメージがかなりはっきりしてきたのではないかと思います。招集人数はオーバーエイジの3人を含めて18人です。海外組で招集できなかった選手もいましたが、今回の招集メンバーからかなり選ばれることは間違いありません。そこでサッカーU-24日本代表のオーバーエイジを含めた招集メンバーを検討してみたいと思います。しかしその前に一番大きな問題があります。それは監督問題です。今回はワールドカップ予選と重なったので、森安監督ではなく横内監督が指揮をしました。強敵アルゼンチンを相手に今回の采配は見事だったと思います。特に後半は残り時間の少ない中で交代要員を立て続けに送り出し、勝ちにこだわる姿勢も見えました。またずっとU-24代表を見てきたのは横内監督ですし、選手とのコミュニケーションも森安監督の比ではないと思います。その意味で東京オリンピックは森安監督ではなく横内監督が指揮をするのがベストだと思います。ここで森安監督が出てくると東京オリンピックは悲惨なことになるような気がします。



 

サッカーU-24日本代表のアルゼンチン戦

サッカーU-24日本代表のアルゼンチンとの初戦です。スタメンはGKに大迫、DFに左から旗手板倉渡辺(剛)菅原です。ボランチは中山渡辺(皓)です。攻撃陣の2列目は左から三笘久保三好、CFは田川です。前半開始早々に日本が攻め込まれて、ゴール前でのPKを取られてもおかしくない場面がありましたが、審判がファウルを取らなかったので助かりました。しかしアルゼンチンの攻めが続き、流れの中でヘディングシュートを決められました。アルゼンチンもリードしたせいか、攻撃も緩慢になりそのまま1対0で敗れました。まずは守備で言えば、ボランチやDFが結構攻め込まれていたので、この陣容では心もとない状況でした。攻撃陣も評判の三笘もJリーグでは活躍できても、海外勢相手には通用しませんでした。久保は相変わらずの決定力不足、三好も以前の迫力を感じませんでした。CFの田川も通用しませんでした。初戦のメンバーがサッカーU-24日本代表のレギュラーということで、東京オリンピックも期待できないという感じでした。

そしてサッカーU-24日本代表の第2戦です。横内監督が初戦からメンバーを大幅に入れ替えました。初戦がレギュラー組と考えれば、第2戦は控え組ということになります。スタメンはGKに、DFは左から古賀町田瀬古です。ボランチは板倉田中(碧)です。攻撃陣の2列目は左から相馬久保食野、CFはです。まず前半終了間際に瀬古からの縦パス一本で林が決めました。林は堂安の負傷で追加招集された選手です。しかしここっという時に決めた決定力は天性のものを感じます。後半の早い段階で田川に交代した時の不服そうな顔を見れば、闘争心のある選手といった感じでいいことだと思います。CFは田川が一番手のようですが、結果を出した林の方がいいと思います。サッカー日本代表でCF人材に困っていたことを考えれば、林を代表戦で見たい気がします。後半は久保のCKで板倉が2本決めました。久保の精度と板倉の決定力がマッチした結果だったと思います。守りについて言えば、板倉と田中の両ボランチが効いていたと思います。特に田中を称賛する記事がかなり出ていました。

サッカーU-24日本代表のオーバーエイジを含めたメンバーを今回のアルゼンチン戦を踏まえて検討したいと思います。まずGKは大迫です。大迫は決定だと思いますが、谷は絶対とは言えないのでまだ他のGKの可能性もあります。DFのCBは富安板倉だと思いますが、オーバーエイジとして吉田がいいと思います。CBを冨安と吉田のA代表コンビにして、板倉をボランチで起用すべきと思います。森安監督お気に入りの中山は代表でも、今回のアルゼンチン戦でもいいところはありません。なぜ森安監督が中山を重用するか全くわかりません。そしてSBは右が菅原、左が相馬でいいかと思います。もう一人ということであればユーティリティプレイヤーの旗手でしょうか。ボランチは2戦目のDFもできる板倉と田中(碧)です。そしてオーバーエイジで遠藤です。今までは柴崎と言われていましたが、最近の実力から遠藤の方がいいと思います。そして攻撃陣の2列目ですが、久保は当確で森安監督が好きな堂安も選ばれるでしょう。堂安について言えば、決定力不足なのでWB的起用であればよいのですが。今回はあまり調子がよくなかったですが、三好食野でしょうか。最後にCFは今回活躍したがいいと思います。オーバーエイジで大迫も上がっていますが、決定力の無い大迫は絶対にやめて欲しい。オーバーエイジでは岡崎がいいと思います。そしてそれがだめなら本田を招集して欲しいと思います。後残り2選手ですが、守りと攻撃で一人ずつという感じです。

サッカーU-24日本代表のアルゼンチン戦まとめ

サッカーU-24日本代表のアルゼンチン戦の結果から、東京オリンピックは森安監督ではなく横内監督が指揮をするのがベストだと思います。そしてオーバーエイジは吉田、遠藤、岡崎。大迫はやめて欲しい。また森安監督お気に入りの中山や堂安の重用もやめて欲しい。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP