タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表はボリビア戦で勝利したけれど、成果の無い試合だ!

サッカー日本代表の国際親善試合のボリビア戦は1対0で勝利しました。しかし見ていて、全く面白みのない、これといった成果のない試合だったと思います。コロンビア戦に負けて、森安監督が負けたけれどチャンスはあったとわけのわからないことを言っていました。それを聞いたのか、田嶋会長がチャンスなどはいくらあってもしょうがないと怒っていたとの報道がありました。たまにはいいことを言うなと感心しました。そして紫崎の危機感に関する報道も最もだと思いました。こんな試合をしているようなレベルではワールドカップの8強はおろか、予選通過も難しいのではと心配になります。いずれにしても早々に森安監督には辞任してもらった方がいいと思います。



サッカー日本代表ボリビア戦

サッカー日本代表の国際親善試合のボリビア戦のスタメンです。GKはシュミットでした。中村は久しぶりということもあり、今回は代表の感覚を取り戻してもらえればいいかなと思います。DFは総入れ替えで左から安西畠中三浦西です。新しい顔ぶれで一人でも収穫があればという感じでしょうか。特にSBは選手層が薄いので誰か出て来て欲しいものです。ボランチは小林(祐)と追加招集の橋本でした。小林は本職はトップ下ですが、ボランチもこなすということで、攻撃的ボランチの柴崎のポジションです。しかし確かに攻撃的ボランチが柴崎だけでは心もとないので、小林の招集は今後もありかと思いますが、一度トップ下でのプレーも見てみたいものです。2列目は左から香川宇佐美のロシアワールドカップトリオです。正直、乾以外は期待していないのですが、香川などはスポーツ新聞では持ち上げられています。今後も中心となる勢いですが、やめて欲しいと思います。そしてCFは本職でない鎌田です。鎌田も不慣れなポジションでかわいそうだと思います。トップ下や2トップで一度やらせて欲しいと思います。

サッカー日本代表のボリビア戦の前半は日本が押し込む時間が多く、カウンターもくらわない楽な展開でした。それにもかかわらず全く点が入る気配がありません。ボリビアが守りを固めたこともあるかもしれませんが、乾が気を吐いたくらいでした。香川は何度もゴール前でボールを持つ場面がありましたが、全くシュートまで持っていけません。あげくは外にパスを出すありさまです。基本的に香川はドイツで必要とされなくなったから、トルコのリーグに行かざるを得なかったことを忘れてはいけません。いわば都落ちさせられた選手なのです。そんなレベルの低いリーグで活躍したからといって、南米チームに通用するとは到底思えません。宇佐美も相変わらずパッとしません。ボランチの小林が攻撃の起点にはなっていましたが、前がこの調子では点になりません。鎌田はやはり不慣れなのかCFの動きには程遠い気がします。裏を取る動きには可能性を感じるので、やはりトップ下要員だと思います。

サッカー日本代表のボリビア戦の後半に攻撃陣を入れ替えました。まず乾に代えて中島、宇佐美の代えて堂安です。中島や堂安が仕掛けますが、なかなかボリビアを崩せません。そして香川を南野に、小林を柴崎に代えます。そうすると動きが活性化して中島の得点につながりました。これで言えることは、香川がブレーキになっていたこと、中島あっての2列目トリオだと言うこと、危機感の高い柴崎が勝ちにこだわったことだと思います。その後もボリビアが前に出てきたこともあり、ゴール前に攻め上がりましたが点には結びつきません。これは南野の決定力不足と自分が点を取ることに固執して自滅していたことが原因ように見えました。そして終了間際に鈴木が鎌田に代わりましたが、決め切れないCFをまた見たと言う感じで、今後の招集はないでしょう。

最後にDFについてですが、ボリビアが守り一辺倒だったため、カウンターもあまりなく、守備陣の評価ができるまでの展開ではありませんでした。しかし強豪国に勝つにはやはり鉄壁の守備陣が前提になります。その意味で少しでも成果があったことを期待したいと思います。以上がサッカー日本代表のボリビア戦を見た感想ですが、コパ・アメリカに向けてかなわないでしょうが、希望的提案をしたいと思います。特に攻撃陣については、今後は香川を筆頭に決定力の無い南野、宇佐美は招集しないでもいいと思います。その代わりに海外組の久保(裕)、森岡、植田など、まだ未招集の選手を是非見るべきと思います。そして森安監督の早々の交代が必要だと思います。

サッカー日本代表ボリビア戦まとめ

サッカー日本代表のボリビア戦は1対0で勝利しましたが、全く見所がなく、収穫の乏しい成果のない試合でした。この試合から言えることは、香川、南野、宇佐美がブレーキになって、やはり中島がすごかったこと、そして柴崎の危機感が勝利にこだわった結果だと思います。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.