子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表のコパ・アメリカのチリ戦で中島や久保も通用しない

サッカー日本代表のコパ・アメリカ第1戦のチリ戦は4対0の完敗でした。前半の最初はチリも日本をなめていたのか、対等に戦えましたが、点が入らなくてチリも徐々に本気モードになりました。前半終了間際に失点して、後半は怒涛の攻撃で圧倒されました。日本が一部ポジションを除いてフル代表ではありませんでしたが、それでも力の差は歴然としていました。昨年のワールドカップ敗戦の時とレベルは変わっていないと言う感じでした。今のままではとてもベスト8には残れないでしょう。


サッカー日本代表のチリ戦

サッカー日本代表のコパ・アメリカのチリ戦スタメンです。森安監督は4バックを選択してきました。3バックでもいいような気がしましたが、人材的に4バックの方がいいと判断したのかもしれません。GKは大迫です。森安監督出身のサンフレッチェ広島のGKです。最後の飛び出しによるループシュートも致し方ないかなと思えます。目立ったGK責任もなかったので、可も不可もなしという出来でしょうか。4バックは左から杉岡冨安植田という布陣です。相手のゴール前のすごさはありましたが、4点も取られているので問題が多々あったと思います。吉田や昌子がいたら何点かは防げていたのかもしれません。次はぜひ板倉を試して欲しいと思います。ボランチは柴崎と中山です。岩本氏の記事にもありましたが、攻撃面のほとんどの起点が柴崎からでした。やはりヨーロッパの4大リーグでやっているだけのことはあると思います。強豪チリに対しても十分通用していました。問題は中山かなとも思いますが、守備の面では杉岡や原を含めて、Jリーグ組では世界の強豪に対しては難しいかなという感じです。日本代表でやるには、やはり海外に出ていく必要はあると思います。

攻撃陣の2列目は左に中島、右に久保です。日本代表として活躍してきた中島でさえ、チリのディフェンスを崩すまではできませんでした。中島もこのままレベルの低いカタールでやっていていいのかという感じです。やはりレベルの高いところでやらないと、今回のような強豪に打ち勝つことはできないと思います。久保に至ってはまだまだで、レアルに行くようですが、中で生き残っていけるのか心配です。久保も初めはもっと下位のクラブで試合に出て成長していった方がいいように思います。FWの前田は確かにスピードはありますが、それだけでしかないという感じです。スピードを求めるなら、エルサルバドル戦で活躍した永井の方がまだいいと思います。そして上田ですが、森安監督のお気に入りのようで、いきなりのスタメン起用でした。岩本氏が言っているように、スペースを見つけて飛び込んでいける能力はあるようです。しかし最も重要な決定力がありません。柴崎からのロングフィード、後半の安部からのクロスは決めて欲しかったと思います。チリとは総合力で負けていますが、とりわけFWの決定力とういう点では全く個の差がありました。まだ岡崎をスタメンにした方が点が入ったような気がします。次のウルグアイ戦では岡崎をスタメンにして欲しいと思います。そして安部もJリーグでうまくいっても、南米の強豪には通用しないことがよくわかった思います。しかし少し能力の高さの片鱗を見ました。是非スタメンで使って欲しいと思います。

サッカー日本代表のチリ戦まとめ

サッカー日本代表のコパ・アメリカ第1戦のチリ戦は4対0の完敗でした。Jリーグレベルの守備陣や攻撃陣では強豪に太刀打ちできません。日本代表になるには海外でも活躍できる力が必要です。とりわけFWの決定力という面では全く個の差が歴然としてありました。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5