スポーツ

サッカー日本代表の中国戦辛勝で森安監督を交代させないと予選敗退も

サッカー日本代表のカタールワールドカップ・アジア最終予選の第2戦の中国戦は1対0で辛勝しました。もし敗れていれば森安監督の進退問題になるところでしたが、次のサウジアラビア・オーストラリア戦に持ち越されました。ただ中国戦の戦い方については批判の記事が多く、森安監督が崖っぷちであることには間違いありません。日本サッカー協会の田嶋会長もさすがにヒートアップする森安監督批判に「他に誰かいるのか」と、わけのわからない責任回避のコメントをしています。サッカー日本代表の窮地を冷静に判断して、交代可能な監督候補を早々に絞り込んでおくべきかと思います。東京オリンピックの決勝トーナメントのお粗末さから続く森安監督の戦いぶりに対する不信感はかなり高まっていると言わざるを得ません。いずれにしても森安監督のままではカタールワールドカップに出場できないという取り返しのつかない結果になると思います。



 

サッカー日本代表の中国戦

サッカー日本代表のカタールワールドカップ・アジア最終予選の中国戦のスタメンです。GKは権田です。DFのCBは吉田と遅れて来た冨安の鉄板コンビです。左SBは長友、右SBは酒井の代わりに室屋です。ボランチは不動の遠藤(航)柴崎のコンビです。そして攻撃陣の2列目の左は古橋です。オマーン戦の古橋の左起用については批判がかなりありましたが、森安監督は頑丈なのでしょうか、意固地としか思えません。トップ下は鎌田に代えて久保を起用しました。オマーン戦での鎌田の出来の悪さは大迫との縦関係によるものでかわいそうだと思います。右は伊東ですが、堂安を起用しなかったことはよかったと思います。おそらく堂安はPSVでの不遇の現状から調子はよくないのでしょう。CFは森安監督が絶対的に信頼する大迫です。古橋の左起用も鎌田の不調もすべて大迫起用による副作用です。南野や堂安が不調で出ないことはよかったと思いますが、森安監督の大迫重用の攻撃陣では戦えないと思います。

サッカー日本代表のカタールワールドカップ・アジア最終予選の中国戦です。守備は富安は入って安定しました。権田がゴールキックをインターセプトされる場面はひやっとさせられました。権田は危なっかしさがあるので正GKはやめて欲しいものです。中国が5バックで守りを固めたため、なかなか攻めることができませんでした。その中でも久保だけは個人技で打開してシュートしていましたが得点には至りませんでした。そして前半終了間際に伊東が仕掛け、クロスに大迫が合わせて得点が生まれました。伊東のスピードある仕掛けがひかりましたが、大迫も最低限の働きをしました。後半は中国も4バックにして、フレッシュな選手を投入してきました。前半は一方的に日本が攻めていましたが、後半は試合らしくなりました。日本は攻め上るもなかなか得点には結びつきません。後半早々に古橋が負傷し原口に代わりました。古橋をCFで見たかったので残念でした。そしてイエローを受けた伊東に代わり鎌田をトップ下に入れて、久保を右にしました。サッカー日本代表で初めてトップ下に鎌田、右に久保が実現しました。CFが大迫でなければもっとアグレッシブな攻撃を見れたように思います。後半に疲れが見える大迫をなぜ追加招集したオナイウに代えなかったのかという森安采配への批判がかなりありました。確かに森安監督の東京オリンピックでの遠藤の酷使などの保守的な采配は何も代わっていません。そして格下の中国戦の辛勝で批判されることを恐れたのか、森安監督はドーハからそのままヨーロッパ視察に行くようです。森安監督はそのままサウジアラビア戦に臨むようですが、帰国したときには解任要求で大騒ぎになっているように思います。

サッカー日本代表の中国戦まとめ

サッカー日本代表のカタールワールドカップ・アジア最終予選の第2戦の中国戦は1対0で辛勝しました。森安監督の大迫重用の攻撃陣では戦えないと思います。森安監督のままではカタールワールドカップに出場できないという取り返しのつかない結果になると思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP