タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表コロンビア戦で見えたトップ下の決定力不足は致命的

サッカー日本代表の国際親善試合のコロンビア戦は1対0で負けました。親善試合なのでモチベーションでは半分程度でしょうか。本気モードの激しさはありません。やはり親善試合での成績で森安ジャパンがどうのこうのは言いにくいと思います。しかし個々の選手あるいは連携などで評価はできると思います。この評価をもとにメンバーを固めていくことはできると思います。



サッカー日本代表のコロンビア戦

サッカー日本代表のコロンビア戦のスタメンです。GKは東口です。3人の中では今一番信頼できるということだと思います。DFは左から佐々木昌子冨安室屋です。今回の招集メンバーからはベストの布陣だと思います。ボランチは柴崎山口で、これもベスト。2列目があいかわらずの左から中島南野堂安です。森安監督には未だにこの布陣しか頭に浮かばないのでしょう。なぜかと言えば、今までいろいろな形を試さずに固定して来たからです。ですから最初のスタメンもやはりこの3人でした。全く進歩がありません。いやになります。そしてCFは鈴木です。他に鎌田という手もあったかと思いますが、力量を早く見たかったのでしょう。

コロンビアのエンジンがかからないのか、前半の初めは結構攻め込んいました。中島や堂安がドリブルで持ち込み、南野や鈴木を絡ませた攻撃をしていました。しかし点は入りません。なぜかと言えば簡単です。最後のシュートの精度がないのです。要は決定力がないのです。南野などは結構チャンスはあったと思いますが、GKの正面や枠外が殆どでした。南野ほどではないにしても堂安もシュートはことごとく外していました。こんなところがビッグクラブからの誘いも来ない要因だと思います。そして鈴木ですが、中島からのセンターリングをヘディングでシュートする決定的な場面がありましたが点になりませんでした。鈴木についてはこのミスで日本代表レベルではないことがわかりました。次回からは招集すべきではありません。

後半に冨安のハンドでPKを与えて1点取られました。富安のハンドについては、彼を責めるような話ではないと思います。こういう点の取られ方は、いつでもあり得ることだと思います。その後森安監督が攻撃陣を全て入れ替えます。次のボリビア戦まで控え組を取っておかなかったことは少し進歩したのかもしれません。トップ下に香川を入れ、南野を前に出します。攻撃的布陣にするため山口の代わりに小林を入れ、堂安に代えて右に乾を入れます。そして南野を鎌田に代えます。この布陣で中島と乾のアグレッシブな攻撃が出てきました。鎌田もオフサイドになっていましたが、裏を取る動きは可能性を感じました。問題は香川です。ゴール前でシュートチャンスが何回かあったと思いますが、ボールをあやつってゴールまで持って行けません。あいかわらずの南野と同じ決定力不足です。いずれにしても前半の南野、後半の香川と、一番得点を取って欲しいトップ下に問題があると思います。こうなるとトップ下はボランチでいい動きをしていた小林や鎌田を試した方がいいと思います。森安監督のトップ下に南野と香川しか考えられないのであれば、それは森安監督に問題ありと言うしかありません。

サッカー日本代表のコロンビア戦まとめ

サッカー日本代表の国際親善試合のコロンビア戦は1対0で敗れました。親善試合と言っても、昌子と冨安のCBは及第点ではないでしょうか。問題は攻撃の中央ラインです。南野や香川の決定力不足は致命的なので、小林や鎌田をトップ下にした方がいいと思います。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.