子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表コスタリカ戦、森安ジャパン初戦に勝利おめでとう!

サッカー日本代表コスタリカ戦の勝利おめでとうございます。まずは森安ジャパンの初戦で勝てたことはよかったと思います。コスタリカも日本と同じように若手中心でしたが、ロシアワールドカップにも出た実力のあるチームです。その相手に勝ったということは評価してもいいのではないでしょうか。

サッカー日本代表コスタリカ戦のスタメン

サッカー日本代表のフォーメーションは予想に反して4バックでした。森安監督にとって初戦であり、またチリ戦がなくなり1試合だけになったので、コスタリカ戦は勝ちにいかざるを得ない状況ではありました。それで今までの実績もあり安定している4バックを選択されたのかなと思います。スタメンはGKが経験、安定感から東口で順当かなと思います。4バックは左から佐々木、槙野、三浦、室屋となりました。左は車屋ではなくベテランの佐々木でした。右はCB選手の誰かかなと思いましたが、唯一右のSBで招集された室屋でした。今後の成長を期待したいと思いますが、SBはベテラン長友や酒井(宏)に頼ざるを得ないかもしれません。ボランチが青山と遠藤で実績から順当かなと思います。FWの2列目が左が中島、右が堂安で今後の代表を背負う可能性の高い二人でした。2トップでCFが小林(悠)、少し引き気味で南野という布陣です。


サッカー日本代表コスタリカ戦の内容

攻撃陣ではやはり中島が群を抜いて光っていました。ドリブルで何度も持ち上がったり、スルーパスやゴール前へのセンターリングなど攻撃の起点になっていました。1点目の相手のオウンゴールは中島のコーナーキックからのセットプレーの得点でした。2点目の南野の得点も中島から遠藤へのパスが起点になりました。今思えばなぜロシアワールドカップに中島を招集しなかったのかと悔やまれるばかりです。乾とポジションがかぶるかもしれませんが、二人の使い方はあったと思います。それに比べて堂安は今一でした。今後招集されなかった久保という選択もありかと思います。小林(悠)はあいかわらずの決定力不足の問題を抱えていて、交代した浅野にしても同じように思えます。日本代表に決定力のあるCFが出てくることを願うばかりです。南野は最初はあまり攻撃参加していませんでしたが、慣れてくるとだんだんよくなって得点に結びつきました。しかし何回もチャンスがあって決め切れてなかったので、決定力という観点からすれば今一かなと思います。また後半終了間際に自力でゴールを入れた伊東のスピードはすごいなと思いました。海外で修業できる機会があるともっとよくなる気がします。

ボランチの遠藤は地味に攻撃と守備をこなしていたと思います。青山がもう少しロングボールを供給するかと思いましたが、昔の方がアグレッシブだったように思います。やはり柴崎のように前にロングボールを供給できるボランチが絶対的に必要に思います。4バックの佐々木槙野三浦室屋は安定していたと言えないまでも、0点に抑えて合格点かなと思います。冨安や植田も見たかったですが、チリ戦がなくなったので次回ということでしょうか。最後にGK東口はベテランらしく安定感があり、よかったと思います。

以上がコスタリカ戦の印象ですが、このメンバーにやはり欲しいのは柴崎と絶対的なCFでしょうか。大迫も年齢的なことを考えると難しいですし、やはり決定力のあるCFがどうしても必要です。次のカタールワールドカップまでに誰か若手で出てくることを願います。ロシアワールドカップはおっさんジャパンで、若手をあまり入れませんでした。ここは思い切って20歳以下の選手でも積極的に招集していく姿勢が必要だと思います。

サッカー日本代表コスタリカ戦のまとめ

サッカー日本代表コスタリカ戦の勝利おめでとうございます。森安監督の初戦で勝利できたことはとてもよかったと思います。攻撃陣は何と言っても中島が光っていました。守備面では安定感のあった遠藤、三浦、GK東口などがよかったと思います。後は柴崎の復帰とCFですね。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.