子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表のコパ・アメリカのエクアドル戦で久保の過大評価?

サッカー日本代表のコパ・アメリカのグループステージのエクアドル戦は1対1の引き分けでした。決勝トーナメント進出はかないませんでした。敗因としてはやはり攻撃陣の決定力だと思います。決定力のある選手というのは、練習や経験を積めばという問題ではないと思っています。今までの日本のスーパースターの中田や本田もそうですが、決定力は天性のものがあるかどうかだと思います。そういう意味で今回のコパ・アメリカでも決定力を見せた中島は天性のものがあると思います。


サッカー日本代表のエクアドル戦

サッカー日本代表のエクアドル戦のスタメンは、もう後がないので勝った2試合目の布陣と殆ど同じになりました。GKはベテラン川島です。試合ではゴール前の不用意なプレーで何度も危ない場面がありました。この危うさは川島らしいなという感じでしょうか。これがあるからなかなか任せられないなと思うこともしばしばでした。ただ今回の活躍で川島はGKの一人として、引き続き日本代表に招集する価値はあることがわかったと思います。DFは左から杉岡冨安植田岩田です。岩田以外は3戦とも連続出場です。冨安と植田は今回招集されていない吉田、昌子を含めて代表安泰だと思います。問題はサイドバックでしょうか。杉岡もよくなったという記事もありましたが、やはり長友や酒井(宏)に比べると見劣りします。もう少しSBの能力が高ければ、試合の結果も変わったような気がします。今後SBとして海外で活躍する選手が新たに出てこないと、いつまでもベテラン二人に頼る状態が続くことになるので困ります。

そしてボランチは不動の司令塔柴崎板倉です。柴崎が疲れがあるのか負傷もして、調子が少し落ちていました。逆に板倉がそれなりの成長を見せ、危うさが少なくなっていたと思います。今後のボランチの候補としては、柴崎、小林(祐)、遠藤、山口(蛍)、井出口などで固めていくことになると思います。板倉はDFもこなす、ユーティリティ選手としての可能性があるかなと思います。そして攻撃陣の2列目ですが、左に中島、トップ下に久保、右に三好でした。順当な配置だとは思いますが、決定力のあるのは中島だけで、ウルグアイ戦で2得点をあげた三好も不発でした。そしてCFはベテラン岡崎です。いずれにしても決定力というのは天性のものが必要なわけで、三好の可能性には今後期待したいですが、それ以外の久保、上田、前田については今のところ平凡な選手にしか見えません。安部に至っては、ゴール前でのパスが相手に取られるのを見ると、まだまだ代表レベルにはなっていないようです。今後中島以外の誰を攻撃陣に使うかでメドが立ったのはやはりベテラン岡崎くらいだと思います。得点は取れませんでしたが、少なくも出ているときに味方に点が入り、何らかの貢献が見られるという意味では当確だと思います。後はトップ下の鎌田や右の久保(裕)を見てみたいと思いますが、森安監督が招集するとは思えないので残念です。

最後にやはり気になるのが森安監督の勝ちにこだわる執念があまりないのではと思える点です。善戦すればいいではやはり日本代表の監督としては物足りません。いずれにしても秋からのカタールワールドカップのアジア予選の結果しだいでは交代もあるかもしれません。そのときはやはり外国人監督でいいと思います。例えばベンゲルなどが来てくれるとおもしろいとは思います。また東京オリンピックのオーバーエイジはこの中島、柴崎、吉田あたりで決まりかなと思います。

サッカー日本代表のエクアドル戦まとめ

サッカー日本代表のコパ・アメリカのグループステージのエクアドル戦は1対1の引き分けでした。決定力は天性のものがあるかどうかで、中島だけでした。気になるのが森安監督の勝ちにこだわる執念があまりないのではと思える点です。迎えるW杯アジア予選が少し不安です。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5