子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表がイラン戦で大勝!幸運だった展開と柴崎の覚醒!

サッカー日本代表のアジアカップ準決勝のイラン戦で3対0と大勝しました。点差だけみれば、確かに大勝ですが、内容的には本当に幸運な展開からの勝利でした。決してこれが実力と錯覚しないようにしたいものです。それにしてもイランが日本に対してこれ程エキサイトしていたことが気になりました。イランと言えば昔から日本の友好国ですが、アメリカと敵対している現状ではなかなか難しい関係になっているようです。



サッカー日本代表のイラン戦

サッカー日本代表のアジアカップ準決勝のイラン戦のスタメンですが、攻撃陣の活性化への期待もむなしく、慎重な森安監督らしい従来のメンバーでスタートしました。GKは権田ですが、前半からまた緩慢なプレーで自ら危ない場面を招いていました。正直ここまで来ると、この緩慢さは治らないものかなと思えてしまします。ビックセーブのように見えますが、もとはと言えば自分のミスから始まった危機であったことを忘れてはいけません。後はイランの精度の悪いシュートに救われました。精度がもっと高ければ、前半からリードされていてもおかしくはありませんでした。DFは左から長友吉田冨安酒井(宏)です。今回のアジアカップで勝利を続ける源である鉄壁を誇る布陣です。CBに関して言えば、他にも多くの優秀な選手や若手がいるので今後も心配はなさそうです。ボランチは柴崎遠藤。守備的なボランチは多数いれど、攻撃の起点になれる柴崎は少なくともカタールのワールドカップまで中心選手であり続けるでしょう。そして攻撃陣の2列目は左から原口南野堂安です。期待した乾の起用や、武藤の起用はありませんでした。良くも悪くもこの布陣で勝ち続けているので代えにくいのはわかりますが、あまりに固定化しすぎる不安はなくなりません。CFは不動のエースと言われる大迫です。アジアカップレベルでは大迫で十分だと思いますが、やはりワールドカップとなると更に上のレベルのCFが望まれます。

前半は権田のミスなどもあり、かなり押し込まれる場面が多くありました。何度かセットプレーもありましたが、相手の精度の悪さと守備での踏ん張りで何とか失点しないで済みました。攻撃の起点は柴崎で縦へのパスやセットプレーで攻めていました。しかしその後のペナルティーエリア内で殆ど跳ね返されていたので、やはりこれは攻撃陣の個々の実力不足だと思います。後半にその攻撃が相手の不注意で点に結びつきます。大迫の2点は本当に幸運によるもので、アシストした南野が賞賛されているようですが、全く実力でもないので誤解はしないようにしたいものです。そして最後はこれも柴崎の起点から前がかりになっていたイランのすきをついて原口が決めました。こうやって見ると今回の勝利は柴崎の攻撃的センスがやっと戻ってきて、その実力が発揮された試合結果だったと思います。決して攻撃陣が実力があったというわけではありません。

決勝では森安監督は同じメンバーでいくでしょう。もし守勢に回ったら乾や武藤を投入するでしょう。勝ち続けているのでスタメンを代える必要はないという考え方でしょう。まして乾や武藤を最初は招集していませんでしたので、初めからいなかった存在のような位置づけのような気がします。このことが4年後のカタールワールドカップに年齢的に全盛期を過ぎることを見越してのことのような気がしないでもありません。そうするとDFは攻撃陣よりは年齢的に長いので問題ないという考え方でしょうか。しかし明らかに全盛期を過ぎるであろう槙野、青山、佐々木などは子飼の理由だけでの招集と受け取れます。いずれにしても攻撃陣がこれでは今後の日本に将来がないことも事実で、アジアカップ以降に固定化した失敗を繰り返さないように願うばかりです。しかしここまで来たら今いる実力のある乾や武藤を使って優勝して欲しいと思います。

サッカー日本代表のイラン戦まとめ

サッカー日本代表のアジアカップ準決勝のイラン戦は幸運な勝利でした。決してこれが実力と思わないことが必要です。この試合は攻撃の起点としてやっと覚醒してきた柴崎の攻撃的センスによるところが大きいと思います。優勝するために乾や武藤を起用して欲しいと思います。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5