スポーツ

サッカーU-24日本代表のジャマイカ戦後で招集すべきメンバー

サッカーU-24日本代表はジャマイカのA代表に4対0で勝ちました。これで東京オリンピックのサッカーU-24日本代表のメンバー発表前の試合は終わりです。セルジオ越後さんが言うように、前のガーナ戦も含めて親善試合で相手も本気モードではありません。ですからこの2試合の分析をしてもあまり意味がないようにも思います。6月下旬までには東京オリンピックの登録メンバー18名を決定しなければなりません。ここでサッカーU-24日本代表の東京オリンピックメンバーを検討してみたいと思います。



 

サッカーU-24日本代表東京オリンピック

サッカーU-24日本代表の東京オリンピックメンバーのGKです。ガーナ戦前までは大迫が断トツで正GKの候補でしたが、ここへ来てガーナ戦とジャマイカ戦のスタメンを谷が務めました。大迫と谷のどちらが正GKになるかはわかりませんが、GK枠は2人なので大迫で当確かと思います。次にDFのCBはOAの吉田冨安は当確として、板倉もボランチ起用も含めて当確かと思います。SBは右はOAの酒井が当確として、冨安が右もできることを考えれば1人でいいかと思います。問題は左のSBです。森安監督お気に入りの中山が入ってくるとは思いますが、ミスの多いボランチ起用でなければよしとするしかありません。もう1人は今のところユーティリティプレーヤーの旗手しかいないような気がします。問題は3バックになったときのWBです。右のWBは森安監督お気に入りの堂安でいいかと思います。堂安はドイツのビーレフェルトでも基本的に右のWBです。左となると旗手でいいかと思いますが、相馬を2列目との兼用で考えたらと思います。ボランチはOAの遠藤(航)のコンビに田中(碧)が起用されそうです。しかし東京オリンピックの強豪の本気モードに田中が対応できるかどうかに一抹の不安を覚えます。ですからボランチは遠藤と板倉のコンビで守りの強度を上げるべきと思います。森安監督には中山をボランチに起用することだけはやめて欲しいと願うばかりです。

サッカーU-24日本代表の東京オリンピックメンバーの攻撃陣の2列目です。ジャマイカ戦を見ていると、久保はやはり右の方がやりやすそうです。中央には森安監督が堂安を起用するでしょうが、あいかわらず決定力はありません。得点はしていましたが、ごっつぁんゴールばかりです。強靭なDFを相手にしての決定力はありません。ですからドイツでもFWの右ではなく、WBの右を任されているのです。ただ堂安の守備力は使えると思うので、やはりWBの右が最適だと思います。そうなると2列目の中央は堂安ではなく三好しかいません。しかしジャマイカ戦での起用を考えると、メンバーに入ることさえも難しいかもしれません。左はジャマイカ戦のスタメンの三苫が最有力でしょう。しかし三苫がアルゼンチンには通用しなかったことを思い出すべきです。東京オリンピックの本気モードの強豪には通用しないでしょう。残るは食野か遠藤(渓)ですが、実績から言えば食野でしょうが、遠藤をもう少し見てみたい気もします。最後にCFです。まずジャマイカ戦を見る限り前田はないと思いました。久保からのクロスのシュートチャンスで触ることもできませんでした。前田は久保のレベルについていけないことははっきりしました。田川には決定力がなく、得点も取れていません。残るは上田です。この2人にはまだ決定力があるように思います。しかし林は今回の親善試合2試合に出場していなかったので、招集される可能性は少ないので残念です。

サッカーU-24日本代表東京オリンピックまとめ

サッカーU-24日本代表の東京オリンピックの招集メンバーを検討しました。GKに谷・大迫。DFに吉田・冨安・酒井・中山・旗手・相馬、ボランチに遠藤(航)・板倉・田中(碧)、2列目に久保・三好・堂安・食野・遠藤(渓)、CFに上田・林です。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP