タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカーU-22日本代表のコロンビア戦惨敗でわかる森安監督の悪夢

サッカーU-22日本代表の国際親善試合のコロンビア戦は0対2で完敗でした。森安監督が金メダルを目指すという言葉がむなしくなる結果です。森安監督はカタールワールドカップのアジア2次予選で格下相手に全勝で安泰を思われていましたが、東京オリンピックのU-22日本代表の成績いかんでは命運が尽きる可能性も出てきました。オリンピックが日本で開催されるという重要性から日本人監督の森安監督がA代表と五輪代表の両方を見ることになったわけですが、サッカーU-22日本代表が森安監督で勝てるのかという疑問符がついた試合でした。



サッカーU-22日本代表のコロンビア戦

サッカーU-22日本代表のコロンビア戦のスタメンです。GKはコパ・アメリカに帯同した大迫です。この世代では正GKの位置を確保しているようです。そして森安監督は3バックを採用して、DFは左から板倉立田岩田です。板倉は海外組でA代表にも招集されています。海外組でA代表のレギュラーである冨安がいるので、この板倉と冨安で本来はCBを固めることになると思います。ボランチは海外組の中山と唯一大学生の田中です。中山はA代表に招集されたことがありましたが、全くいいところがありませんでした。ウイングは左が、右が海外組の菅原です。前線のシャドーの2列目が左に久保、右に堂安です。二人ともA代表の主力ですが、決定力の面では疑問が残ります。少なくとも堂安は今までのA代表の実績から言っても決定力があるとは思えません。森安監督がA代表の南野と同様に堂安を重用し続ける限り、五輪代表の得点力は上がらないでしょう。堂安がPSVに入るときに、オランダのレジェンドから昔の小野に比べれば数段下だと言い切られていました。久保もまだ決定力という面では期待はずれの感があります。CFは上田です。Jリーグなどでは活躍するのですが、なかなか代表では点が取れません。少し周りに遠慮しすぎるのではと思います。

前半の早い段階で久保と堂安のFKがありましたが二人とも枠を捉えられずに得点になりません。少なくともFKは枠内に蹴って欲しいものです。久保と堂安に上田が絡んだ攻撃をしていましたがチャンスは殆どなく、シュートに行く前に潰されていました。強豪コロンビアを相手にすればこれが日本の実力でしょう。コロンビアの攻撃を何とか防いで前半は0対0で折り返しました。ただ単にA代表の実績から堂安と久保の2シャドーにしたのでしょうが、全く機能しなくて決定力もありませんでした。後半は早い段階で守りを崩されてコロンビアに2点取られました。このDF陣ではコロンビアに太刀打ちできない感じでした。他にも何度も危ない場面もありました。ボランチも中山が何度もボールを取られる不安定な状態で攻められていました。攻撃陣では右に三好を投入して、左から久保、堂安、三好にしましたが、シュートに行く前にことごとく潰されていました。一度堂安の縦パスに上田に替わった小川が抜け出してGKと1対1になりましたが、ゴールポストに当てて決め切れませんでした。そして終了間際に堂安に代えて食野を投入しました。左から食野、久保、三好のラインになりましたが、この構成が一番機能していたような気がします。少なくとも代表で重用されている決定力のない堂安が攻撃陣を引っ張っても強豪には勝てないと思います。

コロンビア戦の結果から東京オリンピックのOA(オーバーエイジ)枠の使い方が見えてきました。U-22日本代表の若いDF陣では強敵相手のときにどうしても押し込まれてしまいます。そんなDF陣をリードできるベテランが必要です。やはり吉田しかいないと思います。3バックであれば左から板倉、吉田、冨安となります。次にボランチの良し悪しで試合は決まると言っても過言ではないので少し不安なポジションです。ここもOA枠を使う手があると思いますが、攻撃的な柴崎よりは絶対的な守備ができて、攻撃参加もできる選手がいいかと思います。その意味で一番いいのがドイツでまだ活躍している長谷部です。長谷部であれば精神的支柱にもなれると思います。長谷部はA代表は引退したと思いますが、東京オリンピックだけと口説けば何とかなるような気がします。そして最後に攻撃陣です。中島がその候補だと言われていますが、ここは思い切って本田を使ったらと思います。本田自身が東京オリンピックへの情熱を持ち、勝つことへの信念だけは誰にも負けません。そんな本田の加入で周りも変わります。ですからトップ下に本田と久保の併用がいいと思います。

試合後に森安監督が選手に「金メダルを取る気があるのはスタッフだけか」叱咤したそうです。A代表だからと堂安や久保を重用して惨敗です。ブラジル戦でいい状況を作り上げたU-22の選手達を控えに甘んじさせて、森安監督の采配こそ辞めて欲しいという感じだと思います。森安監督自身が東京オリンピックでいい成績を残さないと続投が難しいとわかっていると思います。しかし森安監督の好みの選手を重用して固定化してしまうやり方ではいい成績を残すのは難しいと思います。今ならドラスティックに監督交代の選択肢もあるのかもしれません。

サッカーU-22日本代表のコロンビア戦まとめ

サッカーU-22日本代表の国際親善試合のコロンビア戦は0対2で完敗でした。サッカーU-22日本代表が森安監督で勝てるのかという疑問符がついた試合でした。森安監督がA代表の南野と同様に堂安を重用し続ける限り、五輪代表の得点力は上がらないでしょう。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.