子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカーU-23日本代表のAFC選手権敗退でも森安監督続投なのか

サッカーU-23日本代表のAFC U-23選手権グループステージで早々と日本の敗退が決まりました。初戦サウジアラビア戦は1対2、シリア戦も1対2、カタール戦では1対1の引き分けでした。いくら東京オリンピックの予選免除でモチベーションが相手より弱くても、金メダルを目指すチームとして、あまりにも情けない敗退でした。森安ジャパンのA代表でも言えることですが、相手のモチベーションの弱い国際親善試合でいい結果を出して持ち上げられてきましたが、E-1選手権の韓国戦のように本気の相手のときにアジアでも勝てないことがまた実証されました。海外組がいないとかは言い訳になりません。相手も同じであり、国内組中心でも少なくともアジア勢に負けていては話になりません。個々の選手の力はそんなに悪くないと思います。サッカーU-23日本代表のAFCU-23選手権敗退は戦術面や士気面での森安監督の力量不足がもたらした結果だと思います。逆に指揮官が交代すれば再び日本が浮上できる可能性を持っていると思います。ここは一日も早く森安監督を解任して、次を託せる監督をA代表を含めて選任すべきです。



サッカーU-23日本代表のAFC 選手権

サッカーU-23日本代表のAFC U-23選手権のグループステージ初戦はBグループの強敵サウジアラビアです。スタメンのGKは昨年のコパ・アメリカで招集された大迫です。3バックのDFは左から古賀、中央に岡崎、右に主将の渡辺です。ウィングバックは左に杉岡、右に橋岡です。ボランチは昨年のU-22代表ブラジル戦で豪快なミドルシュートを決めた田中碧と現役大学生の田中駿汰のコンビです。2列目のシャドーは左に唯一の海外組の食野、右に旗手です。1トップは小川です。前半は両シャドーの食野と旗手が攻めるも得点に結びつかず、逆にサウジアラビアは決定的シュートが何本かありましたが大迫のファインセーブで救われました。大迫が五輪世代のGK一番手だとわかるパフォーマンスでした。後半はサウジアラビアに先取されるも食野の個人技で同点に追いつきました。さすが海外組なのか、結果に結びつけるところが食野と旗手の違いでした。しかし最後のところでDFの凡ミスから得点を許してしまいました。それからベンチがやっと大きく動き、田川と相馬を投入しました。相変わらず森安監督の動きの遅さにはあきれます。もう時間がない中で早く攻めないといけないときに貴重な時間を交代に使うなんてことは信じられませんでした。あたりまえですが終了間際に交代だせるのは勝ってるチームが時間かせぎにすることです。少なくとも後半サウジアラビアに先取点を取られた段階で動き始めるべきでした。交代枠の最後の一人を負傷交代のために残しておいたとしても、同点の段階で交代枠を使い切るべきだったと思います。サッカー批評で森安監督の動きの遅さを指摘されていますが、もうここまで来ると致命的と言わざるを得ません。残りわずかで逆転を期待されて送り出される選手がかわいそうです。

サッカーU-23代表日本代表のAFC U-23選手権のグループステージ第2戦はBグループでは最もFIFAランクの低いシリアです。初戦のサウジアラビア戦を落とした日本はもう負けられない一戦です。スタメンのGKは初戦に続いて大迫。3バックのDFは左からミスした古賀に代わって町田、中央に岡崎、右に主将の渡辺です。ウィングバックは左に相馬、右は橋岡です。ボランチはダブル田中から松本齋藤に代わりました。シャドーの2列目の左は初戦で活躍した食野、右に森島を配しました。1トップは上田が先発です。前半開始早々にDFの不用意なファウルでPKを取られて決められました。VARがある国際大会ではJリーグでのプレーではまずいことがよくわかったと思います。相馬の個人技で追いついたものの格下のシリア相手に互角以上の戦いをされていました。後半に食野に代わって田川、負傷の渡辺に代わって立田が入ります。問題は3人目に機能していなかった森島に代えて旗出を投入するのが遅すぎます。同点で勝ちにいかないといけないにもかかわらず森安監督の動きの遅さはここでもあいかわらずです。旗出が終了間際におしいシュートがあったのでもっと早く代えていればと思いました。その後サウジアラビア戦と同じようにシリアにカウンターを決められてあっさり負けてしまいました。

サッカーU-23代表日本代表のAFC U-23選手権のグループステージ最終戦は優勝候補のカタールです。スタメンのGKは不動の大迫。3バックのDFは左に町田、中央に初めて立田、右に3戦フル出場の橋岡です。ウィングバックは左にゲームキャプテンの杉岡、右に相馬です。ボランチは初戦に続いて田中碧田中駿汰です。シャドーも初戦に続いて左に食野、右に旗出です。1トップは上田が故障のようで小川です。このスタメンを見るとさすがの森安監督も未出場の選手を試す余裕はないようで、体調不良選手を除いて自分が思う最強の布陣で臨んできました。サッカー協会の田嶋会長の絶対勝ての指令もあり、この試合結果しだいでは進退問題になることが十分わかっているのでしょう。前半はカタールもグループステージ敗退がかかっているので慎重なスタートでした。日本の方が失うものがないせいか積極的に攻撃をしかけていましたが、得点には結びつきませんでした。前半終了間際に田中碧がVARによって一発レッドで退場になり、日本は1人少ないビハインドで戦い続けないといけないことになりました。後半に人数が少なくなって動きがシンプルになったせいか攻めあがることもあって小川がミドルシュートを決めて先制しました。カタールも攻めあぐんでいましたが、またゴール前での齋藤のファールでPKを献上して同点に追いつかれそのまま終了しました。カタールはシリアにも引き分けているのでA代表に比べてU-23代表が実力的に劣るようです。森安監督もこれで交代かなと思えるような結果でした。

サッカーU-23日本代表の今後

AFCU-23選手権で活躍して東京オリンピック代表候補に入れる選手はいるでしょうか。東京オリンピックで招集できる人数はわずか18人です。オーバーエイジ枠3人を引くと実質15人です。海外で活躍する有力な選手も多くいて、国内組からの選手枠はわずかです。それでも招集されそうな選手を少し上げてみたいと思います。まずは東京オリンピック代表候補に3試合フル出場のGK大迫はほぼ確実だと思いますが、他に確実な候補は見当たりません。唯一の海外組だった食野はドリブルやシュートで活躍してかなり有力な候補だと思いますが、2列目の海外組もたくさん有力選手がいるので選ばれるかどうかはわかりません。1トップの上田と小川は今回の活躍程度では厳しいかもしれませんが、海外組にも適任者が少なくて、オーバーエイジで大迫が招集されなければチャンスはあるかもしれません。DFやボランチで残るような選手は見当たりませんが、唯一手薄なサイドバックとして3試合フル出場した橋岡は有力な候補になるように思います。

最後に森安監督の解任問題です。シリア戦でグループステージ敗退が決定した後、やっと森安監督への批判や解任について騒がれるようになってきました。以前から森安監督の力量に問題があると思っていましたが、最近のA代表や五輪代表のふがいない負けが続き、今回のAFCU-23選手権での無勝利敗退は決定的なものでした。それでもサッカー協会の田嶋会長は判断を技術委員会に丸投げし、関根技術委員長はこの段階でもまだ森安監督をかばっているような状況です。もう誰の目にも森安監督では東京オリンピックの成果を期待できないことがわかっていながらまだ逃げています。今まで国際親善試合でモチベーションの低い相手に勝利を重ねて喜んで来ましたが、AFCU-23選手権のような相手が本気モードの試合ではいい結果はありませんでした。それも相手はアジア勢です。欧州や南アメリカの強豪国の本気モードの相手に勝てるわけがありません。海外組が招集できないから負けたと言い訳をする人もいますが、海外組を招集できないのは相手も同じで理由にはなりません。まだ森安監督の続投で話が進んでいるようですが、全くあり得ない話です。一刻も早い森安監督の解任を期待します。

サッカーU-23日本代表のまとめ

サッカーU-23日本代表のAFCU-23選手権敗退は戦術面や士気面での森安監督の力量不足がもたらした結果だと思います。まだ森安監督の続投で話が進んでいるようですが、全くあり得ない話です。東京オリンピックを台無しにしないために森安監督の解任を期待します。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5