スポーツ

サッカー日本代表のW杯最終予選のオマーン戦で森安監督を見極めよう

サッカー日本代表のカタールワールドカップ最終予選がいよいよ始まります。サッカー日本代表の最終予選通過が当たり前のような風潮になっていますが、実際はそんな簡単ではなく敗退もありうると思っています。サッカー日本代表の守備陣はかなりのレベルですが、点を取る攻撃陣に不安があります。そして森安監督の招集や起用、試合の采配の不安も大きいと思います。森安監督も今までは運がよかったと思いますが、最終予選の出足しだいでは監督交代も視野に入れるべきと思っています。日本サッカー協会も最終予選敗退の危機的な状況にならないと監督交代までは踏み込めないでしょう。サッカー日本代表がカタールワールドカップでベスト8以上に入るには森安監督の交代は絶対条件だと思っています。



 

サッカー日本代表のW杯最終予選の招集メンバー

サッカー日本代表のカタールワールドカップのアジア最終予選オマーン戦の招集メンバーが発表されました。まずGKはベテラン川島、正GK候補の権田、そしてオリンピック世代のが入りました。常連のシュミット、ロシアW杯メンバーだったポルトガルの中村がはずれました。今だ試合に出場できていないので致し方ないとは思いますが、GKは実力的に中村が一番手と思っています。次にDFのCBは吉田冨安、控えに植田です。CBの吉田・冨安・植田は順当なところだと思いますし、MF登録の板倉もいるので安心です。左SBはベテラン長友佐々木中山です。まだ行き先の定まらない長友は実力的にいいとしても、佐々木と中山に至っては森安監督のお気に入り招集でしかありません。とりあえず控えなので次を見越して、国内組でもう少しフレッシュな選手を招集して欲しかったと思います。右SBは酒井室屋山根です。この3人は順当かなと思います。ただ左右のSBに3人ずつ招集したのはよくわかりません。もっとボランチや攻撃陣を増やした方がよかったと思います。

ボランチは遠藤(航)柴崎板倉守田です。柴崎が久しぶりに招集されました。田中(碧)は新天地ドイツに集中して欲しいと思いますし、まだまだ柴崎の方が上だと思います。そして問題の攻撃陣です。2列目左として南野原口、中央に鎌田久保、右に伊東堂安かと思います。森安監督の南野と堂安の重用はいいかげんにして欲しいと思います。はっきり言ってこの2人の実力はありません。二人とも屈強なDF陣を相手に一人で打開する力はなく、決定力もありません。得点しているのは相手が弱いときで、一人で打開できる中島や久保がいたときだけです。南野もリヴァプールではベンチですし、堂安は行き先も決まらない状況を見ればわかると思います。海外組でも中島や鈴木(優)のようにチーム内での事情もあり、代表に招集しづらい選手もいるかと思います。しかし森岡をなぜ招集しないのかわかりません。ポジション的に鎌田をかぶるかもしれませんが、森岡はチームでフル出場を続けています。そしてCFは大迫古橋です。古橋は最近の活躍から見てみたいと思いますが、決定力のない大迫はもうやめて欲しいと思います。いずれにしても森安監督が好き嫌いで決定力のない南野、堂安、大迫を重用している限りは最終予選敗退もあり得ると思っています。

サッカー日本代表のW杯最終予選の招集メンバーまとめ

サッカー日本代表のカタールワールドカップ最終予選が始まります。サッカー日本代表の招集メンバーは森安監督が好き嫌いで決定力のない南野、堂安、大迫を重用している限りは最終予選敗退もあり得ると思っています。森安監督は辞任まで追い込まれると思います。

 

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP