スポーツ

サッカー日本代表のオマーン戦敗退で森安監督交代の準備をすべきだ!

サッカー日本代表のカタールワールドカップアジア最終予選の初戦のオマール戦で0対1で敗れました。日本とオマーンはいつも接戦になるものの一度も敗れたことはありませんでした。恐れていた森安ジャパンの最終予選敗退が現実味を帯びてきました。日本サッカー協会は今日の敗退を受けて、早々に森安監督の交代を準備すべきと思います。サッカー日本代表が少なくとも次の中国戦で勝てなければ、即刻森安監督を交代させるべきかと思います。サッカー日本代表を中国戦以降で立て直さなければ間に合いません。やはり本田圭祐が言っていたように、オマーンの監督に比べて「監督の差が浮き彫りになった」試合だったと思います。日本サッカー協会、特に田嶋会長にはなでしこジャパンの失敗を絶対に繰り返さないで欲しいと思います。



 

サッカー日本代表のオマーン戦

サッカー日本代表のカタールワールドカップ最終予選のオマール戦のスタメンです。GKは予想通り権田ですが、川島か谷の方がよかったと思います。なぜ権田がここまで評価されているのかわかりません。CBは吉田植田です。冨安や板倉がいない現状では致し方ないところです。SBの左は長友、右は酒井です。このSBには左右で控えが2人ずついます。ここを厚くするのであれば、もっと攻撃陣を招集した方がよかったと思います。ボランチは遠藤(航)柴崎です。守田や板倉がいなくて、中山ができるので追加招集はしていなかったのでしょうが、国内組の山口(蛍)か井手口でも招集すべきだったと思います。攻撃陣の2列目は左は本来なら南野だったのでしょうが、原口が起用されました。逆に実力のない南野でなくてよかったと思います。そして中央に鎌田、右に伊東です。右に久保もありかと思いましたが、堂安よりはよかったと思います。そしてCFは大迫です。森安監督の思考回路には南野、堂安、大迫の3人が固定化されているようです。森安監督の就任時の活躍が未だに忘れられないのでしょう。当時は中島がいたからこそ輝けた3人だっただけで、個々に実力や決定力があるわけではありません。それがなぜ森安監督にわからないのか不思議です。

オマーンは欧州で1ヶ月強化合宿やってから日本に乗り込んできました。日本をよく研究し、組織的な守りや1対1でのがんばりも見られ、どちらが格上かわからないような試合になりました。日本は殆どゴールに近づけなくて、逆にオマーンのカウンターで何度も危ない場面がありました。そもそもポストプレーの大迫とパサーの鎌田を縦に並べていては、誰が点を取るのかという感じです。森安監督の決定力のない大迫重用の弊害がこの試合を決めたと言っても過言ではないような気がします。そして後半には原口を古橋、伊東を堂安、鎌田を久保に順次交代させていきます。そもそも古橋はCFタイプであり、交代するとしたら大迫だと思います。そして右は堂安よりも久保の方が適しています。左は本来なら中島あるいは乾などがいればよかったと思いますが、招集すらしていません。オマーンの厚い壁に阻まれて、決定的なチャンスも殆どありませんでした。最後に右から崩されて負けましたが、攻撃陣の不甲斐なさからすれば守備陣を責められないと思います。結局は森安監督の招集から起用、采配のまずさが原因の敗戦だったと思います。次の中国戦では2列目を原口、鎌田、久保にして、CFを古橋でスタートして欲しいと思います。

サッカー日本代表のオマーン戦まとめ

サッカー日本代表のカタールワールドカップアジア最終予選のオマール戦敗退は森安監督の招集から起用、采配のまずさが原因の敗戦だったと思います。日本サッカー協会は今日の敗退を受けて、早々に森安監督の交代を準備すべきと思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP