子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表のオマーン戦でわかった攻撃陣の再構築の必要性!

サッカー日本代表のアジアカップのオマーン戦は初戦に続いて、1対0の辛勝でした。グループステージで格下相手のトルクメニスタンやオマーンに苦戦するようでは情けないとしかいいようがありません。特に攻撃陣のレベルの低さを深刻です。昨年の親善試合の段階で、攻撃陣を固定せずにいろいろな選手を招集して試すべきだったと思います。海外から招集すべきだった選手では久保(裕)や蒲田だったと思います。加えてオリンピック世代をもっと招集すべきだったと思います。森安監督には選手を固定するようなところがあるようです。代表監督として結果を残さないといけないということはあるにせよ、その時に最も実力のある選手で構成するという基本を忘れて欲しくありません。



サッカー日本代表オマーン戦スタメン

サッカー日本代表のアジアカップのオマーン戦のスタメンです。GKは権田。DFは左から長友吉田冨安酒井(宏)。ボランチは柴崎遠藤。2列目は左から原口南野堂安。CFに北川です。あれだけ不安のあった権田をそのまま起用しました。東口は余程体調が悪いのでしょう。それなら東口に代えて中村を招集すればよかったと思います。招集しても使えないなら意味がありません。シュミットの選択肢はなかったのかとも思います。そしてボランチに遠藤が復帰できたので、冨安がDFに戻りました。槙野に不安があっただけによかったと思います。槙野の年齢的なことも考えると、植田を招集しておけばよかったと思います。なぜ昨年に植田をもっと招集しなかったのかわかりません。ボランチの遠藤について言えば、安定感もあり今後の日本代表を背負っていく選手で、体調が回復したことはよかったと思います。柴崎はまだまだ調子が上がっているとは言えませんが、試合に出続けることで本来の調子に戻っていくと思います。今後の試合で柴崎と遠藤のコンビで乗り切る方向でいいと思います。そして問題の攻撃陣は左に原口、右に堂安はいいと思いますが、問題はトップ下とCFです。トップ下に南野、CFに北川を起用しました。北川は本来ワントップではなく、トップ下に向いていると思います。そしてCFに南野か武藤の方がまだよかったのかなと思います。

サッカー日本代表オマーン戦結果

サッカー日本代表のアジアカップのオマーン戦は日本が攻め込みますが点になりません。問題は南野の決定力不足でしょうか。何度も決定的なチャンスがありましたが、ことごとくGKの真正面でした。北川が前線に張って、後ろから南野が決めないといけないにもかかわらず決めることができませんでした。堂安が警戒されてマークがきつかったので、その分南野がフリーになりやすかったと思いますが、全くの優位性を活かすことができません。原口があいかわらず献身的に攻め込んだ結果、相手のファウルでPKを決めた1点だけが日本の得点でした。後半に武藤が北川に代わってCFに入りましたが、やはり決定力不足で追加点は入りませんでした。あげくはカウンターで攻め込まれ、長友のハンドを審判が見逃したため、運よく勝利できたというお粗末な結果となりました。いずれにしても攻撃陣から南野をはずし、乾も加えた攻撃陣で再構築することがいいと思います。

サッカー日本代表オマーン戦まとめ

サッカー日本代表のアジアカップグループステージのオマーン戦は何とか勝つことができました。攻撃陣のふがいなさは深刻で、特に南野の決定力不足はあきらかです。柴崎と遠藤のブランチを起点に、北川本来のトップ下に戻し、乾を加えた攻撃陣に再構築するしかありません。

 

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5