子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表のパナマ戦に乾や森岡を招集していれば違った展開に

サッカー日本代表のオーストリア遠征のパナマ戦は辛うじてPKで勝ちました。しかしかなりの格下相手の対戦にもかかわらず決定力不足でした。今のサッカー日本代表の試合はなぜこんなにおもしろくないのでしょう。いくら欧州組だけとは言っても、森安監督が実力通りに招集しないで代わり映えのしない選手起用ばかりしているところに原因があると思います。次に強豪のメキシコ戦を控えているのでパナマ戦は控え組中心の布陣であることや、直近に控える東京オリンピックのための五輪組起用もわかります。しかしサッカー日本代表にもし欧州組で実力のある森岡や乾を招集していればもっとおもしろい試合になったと思います。本当に森安監督の固執した招集メンバーはいいかげんにして欲しいと思います。



 

サッカー日本代表のパナマ戦

サッカー日本代表のパナマ戦のスタメンです。GKは権田です。最近の権田はチームでも出場できていないので、控え組のパナマ戦に起用されたと思います。おそらくシュミットがレギュラー組のメキシコ戦に出ると思います。フォーメーションが3バックを採用されましたが、控え組を出場させる適性などを考慮した結果だと思います。DFは左から板倉吉田植田です。冨安はメキシコ戦に温存かと思います。SBは左に長友、右に室屋です。右は酒井をメキシコ戦に温存したのでしょう。ボランチは柴崎橋本です。2人とも守備よりも攻撃が得意なのでバランスとして少し不安がありました。そして攻撃の2列目のシャドーに左に久保、右に三好です。オランダ遠征で三好の出番がなかったためか、控え組のパナマ戦で起用してきたと思います。東京オリンピックを控えた五輪世代の久保と三好の併用を見てみたかったのではとも思います。CFは南野です。控え組のパナマ戦で南野を起用してきたということは、トップ下の序列の変更があったかもしれません。もしメキシコ戦のトップ下のスタメンが鎌田の可能性に期待が持たれます。

サッカー日本代表のパナマ戦の前半は最初に攻め込んでいいスタートを切ったかに見えましたが、徐々に攻め込まれ始めて攻撃もつがらない状態になりました。攻め込まれた原因としてはボランチの柴崎と橋本がどちらも守備より攻撃を得意としていたので安定していなかったことかと思います。攻撃においては久保と三好がサイドチャンジしながら個人技で攻め込んではいましたが、CFの南野を含めてゴールを奪えるような連携は見られませんでした。南野はあいかわらず最後の瞬間で相手DFに封じられる技術不足を露呈していました。五輪世代の久保と三好の連携を見たかったのですが、中央が南野では十分にその実力を発揮できなかったとも思います。もし乾や森岡がサッカー日本代表に招集されていれば、久保や三好のもっとおもしろい攻撃が見られたのではないかなと思います。欧州組でチームで活躍している森岡や乾を日本代表に招集しない森安監督には腹が立ちます。またWBの長友と室屋の攻撃参加も少ないことも気になりました。

サッカー日本代表のパナマ戦の後半に入ってすぐにボランチの橋本に代えて遠藤が入りました。遠藤が入って守備が安定し、攻め込まれることも少なくなりました。他でも遠藤を称賛する記事がたくさん出ていましたが、守備はもちろん攻撃への貢献も絶大なものがあったと思います。遠藤がサッカー日本代表の守備的ボランチのレギュラーとすれば、控えとしては橋本ではなく国内組の井手口だと思います。欧州組では冨安や板倉の守備的ボランチ起用の手もあるかとは思います。橋本は攻撃的ボランチの柴崎との交代要員が適していると思います。橋本と遠藤のボランチコンビも見てみたいと思います。柴崎はパフォーマンスがよくなかったので、橋本が取って変わる可能性もあるかもしれません。結局この遠藤から久保、そして南野へのパスでPKを奪取して、南野がPKを決めて勝つことができました。そして長友が原口、南野が浅野、久保が鎌田に交代しました。鎌田と浅野のホットラインが機能して何度かチャンスがありました。やはり鎌田のトップ下、浅野のCFとしてのスピードは魅力です。それでも決定力の面ではまだまだ物足りません。鎌田と浅野に中島が入って来たときにどんな化学反応を起こすか見てみたいものです。次回のメキシコ戦はスタメンから鎌田を起用して欲しいと思います。終盤になって室屋が酒井、柴崎が中山に交代しました。室屋のパフォーマンスはWBとしては物足りません。ここは伊東をWBに起用した方がいいと思いますが、次のメキシコ戦に備えたとは思います。柴崎の不調も気になりますが、中山がボランチで再度起用されました。中山は五輪世代としての起用だと思いますが、少なくとも日本代表のボランチで中山は見たくありません。サッカー日本代表のパナマ戦の前半は全くおもしろみに欠け、後半で少し盛り上がりましたが、格下のパナマを相手にこの程度ではあいかわらず不安の残る試合になりました。とりあえず勝ったので森安監督もそう責められることもないかと思いますが、本当にそれでいいのか疑問です。

サッカー日本代表のパナマ戦まとめ

サッカー日本代表のパナマ戦は勝ちましたが全くおもしろくありませんでした。やはり実力ある乾や森岡を招集すべきだったと思います。そうすれば久保や三好ももっと活躍できたのではないかと思います。森安監督には好き嫌いで招集することをやめて欲しいものです。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5