子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表の10月パナマ、ウルグアイ戦の招集メンバー発表!

サッカー日本代表の10月のキリンチェレンジカップ2連戦に向けた日本代表メンバー23名が発表されました。森保監督は9月に招集したメンバーを軸に、ロシアワールドカップのメンバーも数人招集しました。しかし招集されなかった選手もいて、どんな構想をもって招集しているのかはまだよくわかりません。試合を重ねるごとに、明らかになっていくことでしょう。

サッカー日本代表の守備

まずGKが9月と同じく東口権田シュミットの3人です。柏の中村は今回も未招集です。Jリーグの試合にも出ていないようなので、致し方ありません。今後を考えれば、実績で東口と中村、大穴でシュミットでしょうか。いずれにしても中村が早く復帰してくれることを願います。10月の2試合に誰を使うかですが、順当に行けば東口と権田でしょうか。サプライズでシュミットかなと思いますがまだそこまではという感じがします。



DFは今回ロシア・ワールドカップ出場組の長友吉田酒井(宏)を招集しました。4年後を考えると長友は不安を感じますが、持ち前のガッツで生き残る可能性もあります。吉田は所属チームでの出場機会が殆どないので、今回の招集に少し疑問もあります。酒井(宏)については年齢的にギリギリのところでしょうが、強力なライバルが出てこない限り4年後も十分可能性があります。逆に9月に招集されて、今回招集されなかった植田と車屋ですが、植田はベルギーでレギュラーを獲得したとは言い難い状況ですが、他のメンバーに比べれば招集してもいいように思います。国内組の車屋は長友の招集ではじき出された感じでしょう。9月に引き続いて招集されたのが、槙野佐々木室屋三浦冨安です。槙野と佐々木は現時点での必要性で招集されたものと思いますが、正直なところ年齢的に4年後は難しいので、招集しなくてもいいような気がします。三浦と室屋は9月の活躍を評価されたと思います。富安は9月に出ていないので、10月は出て見てみたい気がします。

サッカー日本代表の中盤

ブランチに海外組から柴崎が招集されました。ロシアワールドカップでの活躍はまだ記憶に新しいですが、所属クラブで出場機会に恵まれていません。早くこの状況を打開して欲しいものです。とりあえずは出場できるクラブへの移籍を早く進めるべきかと思います。この柴崎とコンビを組むもう一人の候補が青山遠藤かと思います。青山も現時点での必要性からの招集と思われるので、遠藤とのコンビがどうかでしょう。選択肢としては三竿もあるとは思います。天野、守田、伊藤(達)は今回招集されませんでした。しかし三人とも特長を持った選手なので、今後何度も代表に招集されてくると思います。いずれにしても今後のサッカー日本代表の命運は柴崎が握っていると思います。早く安定したパフォーマンスができることを期待するばかりです。

サッカー日本代表の攻撃

2列目の左は9月に大活躍した中島で決まりでしょう。同じポジションの乾が招集されていませんが、現時点としての招集でも調子がよくないので招集しなかっただけと思います。しかし年齢的に4年後は厳しいと思いますので、どうしても招集しないといけないという感じではないのでしょう。しかも今回原口が招集されているので左は問題ないと思います。トップ下が南野でしょう。右が堂安伊東(純)というところでしょうか。そしてFWは大迫が招集されました。現時点でのエースでしょう。9月に引き続いて小林(悠)浅野も招集されました。浅野について言えば、同じようなタイプの伊東(純)がいるので、なぜ久保(裕)が招集されないのかと思います。ロシア・ワールドカップからずっと落選していますが、理由がよくわかりません。

サッカー日本代表のまとめ

サッカー日本代表の10月のパナマ戦とウルグアイ戦のメンバー発表です。GKは東口、権田、シュミット。DFは槙野、佐々木、三浦、長友、酒井(宏)、吉田、室屋、冨安。中盤は柴崎、遠藤、青山、三竿、原口、伊東(達)、中島、南野、堂安。FWは大迫、小林(悠)、浅野です。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5