タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表のパラグアイ戦勝利は結局中島頼み、これでいいのか

サッカー日本代表の国際親善試合のパラグアイ戦は2対0で勝ちました。日本中がこの勝利に酔っています。本当にそれでいいのでしょうか。2得点はいずれも前半の中島が出場していたときに、中島が起点となって入りました。試合後にパラグアイの監督が「中島にやられた」と言っていました。今の森安ジャパンの攻撃陣は結局中島しだいなのです。その証拠に中島が交代してからは得点できていません。このような中島頼みの状態で森安監督もよく「成熟度に手応え」と言えたものです。今年初めのアジアカップのように、もし中島が負傷して戦線を離脱したらどうするつもりでしょうか。また格下相手に得点も思うように上げられずに敗退する危険性さえあります。



森安監督が攻撃陣に有能な選手を招集していないミスがこれからも続くと思うとうんざりです。今の日本代表の試合は正直面白くありません。見る気さえなくす程ひどいと思います。長友も言っているように日本での国際親善試合はあまりやる意味がありません。本気を出していないパラグアイに勝ったところで何の成長や評価ができるでしょうか。昨年の新生森安ジャパンが日本での国際親善試合で活躍した新ビッグ3とかを未だに重用する気がしれません。少なくとも久保(建)のように一人で打開できる選手をもっと招集すべきです。今の森安ジャパンは守備陣のおかげでいいい成績を残しているだけだと思います。

サッカー日本代表のパラグアイ戦

サッカー日本代表のパラグアイ戦のスタメンです。GKはシュミットかと思いましたが、負傷で急遽権田が起用されたようです。試合後の権田の評価は上々だったようですが、ゴール際でのボール回しは相変わらずひやひやさせられます。もっと本気モードのパラグアイであれば、権田のボールを果敢に奪いに来ると思います。今回のようないいかげなゴール前のボール回しは何も改善されていないなという感じでした。ワールドカップ2次予選ではシュミットか川島の起用を願うばかりです。DFはCBに吉田冨安、SBの左に長友、右に酒井(宏)今の日本代表はこの鉄壁のDFがあってこそのチームになっています。攻撃陣が不甲斐ないにもかかわらず、守り抜いていい試合にしているのが現状でしょう。後半には冨安がSBの右、左に安西が入り、CBに植田とタレントも豊富です。安西については後半に攻撃参加があまりなかったので少し不安はあります。ボランチに不動の柴崎と唯一Jリーグの橋本でした。後半板垣が柴崎に代わって入りましたが、橋本は海外組を押し抜けてのスタメンは立派です。柴崎はいつもの動きがなかったようにも思いますが、それなりにパスを送り込んだり、危険を未然に防ぐような場面も多く見られました。橋本もそれなりによくやっていたようにもいましたが、板垣は不慣れなボランチのためか入り際のよくないのは相変わらずという感じでした。

そして問題の攻撃陣です。2列目の左は中島、右に堂安、トップ下に南野の新BIG3と称される布陣です。何度もいいますが、相手がやる気のない国際親善試合で活躍し、公式戦のアジアカップで中島がいないと機能しなかった布陣で本当にいいのでしょうか。この新BIG3は中島がいなければ、欧州マイナーなオーストリアリーグの南野とオランダのPSV移籍で出場が危ぶまれる堂安です。果たしてこの二人が欧州ドイツで活躍中の鎌田やベルギーで活躍中の森岡、久保(裕)より優れているのでしょうか。森安監督は我が意を得たりとばかりにこの布陣にご満悦のようですが、これでは後ろを守る実力のあるDF陣に申し訳ないと思います。本当にいいかげんにして欲しいと思っています。左の控えに原口が招集されています。3バックでの原口のウィングバック起用の可能性も考えればいいかと思いましたが、どうも4バックでいくようです。それならば左は中島の控えとして乾を招集すべきでした。森安監督は穏やかそうに見えますが、自分に逆らうような選手を嫌い、自分の言うことを聞く選手を重用する感じです。解任されたハリルホジッチ監督以上に傲慢な監督かもしれません。中島はサッカー日本代表の10番を背負うことになりました。今回の中島は今まで自分でドリブルで持ち込むことにこだわっていましたが、一歩成長して他を使うこともできるようになったようです。前半の2得点は中島がまさにそれを示した場面でした。1得点目は敵を自分に引き付けて、長友を走らせてのパスです。2得点目はドリブルにいくと見せかけてのフリーの酒井(宏)へのパスです。最終的にきっちり決めた大迫、南野も認めるものがありますが、得点につながる起点になり得るのは今の攻撃陣では中島しかいません。それがとても不安で、もし中島が負傷したらとの心配につながるわけです。

もう一つ後半から出場した久保(建)ですが、何度もドリブル突破からシュートを打っていました。しかし全てはずすか、はじきかえされていました。久保(建)の素質は認めるのですが、最終的な決定力の無さの不安はぬぐえません。久保(建)がビッグスターになれるかどうかはやはり決定力をつけるしかないと思います。しかし決定力ばかりは練習して身に着くものではないと思います。やはりこれは天性のものが必要です。昔の中田ヒデや本田などにはそれがありました。しかし久保(建)が中島といっしょに出ていれば、相手DFが中島にも行くので、攻めるスキが増えて得点できたかもしれません。久保(建)が出た時の2列目は攻撃力が落ちている原口と自己打開力のない南野だったことが不運だったとも思います。

そして最後にCFの大迫です。中島起点で最後に決めたので、多少評価を上げてもいいかもしれませんが、いずれにしても中島あっての得点には違いはありません。大迫一人でどこまで相手を崩せるかの実力や決定力は変わっていないと思います。後半永井に代わりましたが、2列目が久保(建)一人という感じで、いいところはありませんでした。やはり得点力のある岡崎が必要だとつくづく思いました。それを今のCFでは柴崎の縦パス1本の攻撃が使えません。その意味ではまだ結果は出ていませんが、上田がその可能性の一番応えられるのかなとも思います。次回招集では鈴木に代わって上原を招集して欲しいと思います。

サッカー日本代表のパラグアイ戦まとめ

サッカー日本代表の国際親善試合のパラグアイ戦は2対0で勝ちました。しかし得点につながる起点になり得るのは今の攻撃陣では中島しかいません。今の森安ジャパンは守備陣のおかげでいいい成績を残しているだけだと思います。森安監督には攻撃陣の見直しをして欲しい。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.