スポーツ

サッカー日本代表はサウジアラビア戦でW杯に出場できない悪夢が決定

サッカー日本代表のカタールワールドカップのアジア最終予選のサウジアラビア戦とオーストラリア戦の招集メンバーが発表されました。森安ジャパンは初戦のオマーンに敗れ、格下の中国に辛勝という最悪のスタートを切りました。森安監督はこの2戦の結果しだいでは解任もありうると言う論評が出ています。カタールワールドカップに出場できないとなれば、森安監督で責任を取れる問題ではありません。日本サッカー協会の田嶋会長も辞任すべき事態です。論評ではこの2戦で勝ち点4が森安監督続投の最低ラインのようです。ということは1勝1分以上が必要で、これ以下では本当にカタールワールドカップ出場が危うくなるということです。しかし今回の招集メンバーを見る限り、とてもサウジアラビアやオーストラリアに勝てるとは思えません。サッカー日本代表は森安監督が欧州勢や国内組で本当に実力のある選手を招集していないからです。森安監督はなでしこジャパンの高倉監督と同じく、お気に入りで言うことをよく聞く選手という不公平な人選です。サッカー日本代表がカタールワールドカップに出場できないという悪夢が現実味を帯びてきています。



 

サッカー日本代表のサウジアラビア戦

サッカー日本代表の招集メンバーです。GKは権田川島です。おそらく正GKは権田でしょうが、谷の方がいいと思います。そしてなぜシュミットが選ばれないのかわかりません。また出場できていない川島を選ぶなら実力No1の中村を選んで欲しいと思います。DFはCBに吉田冨安植田板倉です。吉田と冨安の堅い守りと攻撃への起点は日本代表を支えてきました。植田も控えとして貴重であり、板倉はボランチもできるユーティリティはかかせません。SBの左は長友、控えに森安監督のお気に入りの中山です。長友はいいとしても、次が中山では寂し過ぎます。SBの右は酒井室屋橋岡の3人も招集されましたが、2人で十分だと思います。

ボランチは遠藤(航)柴崎守田に加えて田中(碧)が入りました。ボランチについては国内組でもいい選手がいると思います。具体的に言えば、井出口と山口(蛍)です。そして問題はやはり攻撃陣です。2列目の南野鎌田堂安伊東原口浅野の常連組に加えて、久保の負傷を受けて三好が選ばれています。森安監督の南野と堂安の重用はあいかわらずです。南野や堂安の過去の栄光は中島がいたからで、現在の所属チームでも満足に出場できていません。今回は久保もいない現状で、この2人が活躍するとはとても思えません。サッカー日本代表の今回の招集メンバーの2列目のベストは左に原口、中央に鎌田、右に三好だと思います。左は国内組の乾がいいのですが、負傷しているようで招集されていません。森安監督がなぜ招集しないかわからない森岡もいいと思います。ただ乾は負傷していなくても森安監督は招集しなかったと思います。そして最後にCFは大迫とオナイウです。森安監督がオナイウを招集しましたが、大迫重用は変わらないでしょう。CFにはなぜ鈴木(優)を招集しないかわかりません。サッカー日本代表は森安監督の南野、堂安、大迫重用はかわらず、サウジアラビアには負けるか良くて引き分けになると思います。

サッカー日本代表のサウジアラビア戦まとめ

サッカー日本代表のカタールワールドカップのアジア最終予選のサウジアラビア戦とオーストラリア戦の招集メンバーが発表されました。サッカー日本代表は森安監督の南野、堂安、大迫重用はかわらず、サウジアラビアには負けるか良くて引き分けになると思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP