子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表U-19のAFC選手権の決定力がすごい!決勝へ!

サッカー日本代表U-19のAFCU-19選手権2018がインドネシアで開催されています。AFC(Asian Football Confederation)アジアサッカー連盟が主催する、19歳以下のナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会です。2年に一度、偶数年に行われています。AFCU-19選手権2018は2019年にポーランドで開催予定のFIFAU-20ワールドカップのアジア予選を兼ねています。出場資格は開催前年の12月31日付で20歳未満の選手に限られます。AFCU-19選手権2018のグループステージで日本はグループBに入り、今まで日本は北朝鮮に5対2、タイに3対1.イラクに5対0で3連勝して、トーナメント方式のノックアウトステージに勝ち進みました。インドネシアと対戦する予定です。

サッカー日本代表U-19|北朝鮮戦

サッカー日本代表U-19は前半の早い段階で久保(建)からのスルーパスで斉藤(光)がキーパーに一旦ははじかれながらもゴールしました。いつもながらの久保(建)のパッサーとしての素質はたいしたものです。続いて伊藤(洋)のロングシュートの2点目もすごかったです。そして久保(建)は後半にもFKからのロングシュートを決めています。この二人はワールドクラスですね。そして途中交代で入った宮代安部も決定力という意味では期待できそうです。彼らも一日も早く海外に羽ばたいて欲しいものです。そうすれば2020年の東京オリンピックはもちろん、カタールのワールドカップの主力になる可能性も十分ありそうです。注目していきたい選手達です。


サッカー日本代表U-19|タイ戦

サッカー日本代表U-19は斎藤(光)宮代の2トップで、スタメンは久保(建)ではなく安部でした。その安部が働きます。一人で左サイドを持ち上がって、ゴールライン手前でセンターリングして、詰めていた宮代がゴールしました。そして同じく安部が倒されながらもゴール前に入れたところを斎藤(光)が決めました。そして3点目は宮代がフリーキックを左隅に蹴りこみました。安部の10番としてのすごさと斎藤(光)や宮代の決定力には感服しました。最近のA代表も勝ち進んでいて、決定力不足ではないですが、ロシアワールドカップ以前のような決定力のなさに泣かされることがありません。ここが何と言ってもすばらしいと思います。

サッカー日本代表U-19|イラク戦

サッカー日本代表U-19の最初はやはり久保(建)でした。ゴール前まで持ち込んでからのセンタリングでアシストしました。その後は絶妙なスルーで中央からのシュートをお膳立てしています。やはり久保(建)は並外れた才能の持ち主のようです。そして目立ったのが長身のです。中央からのシュートとCKからのヘディングで2得点です。海外では長身のFWがたくさんいて活躍していますが、日本には杉本くらいしかいません。原が成長してくるとCFの候補に名乗りでそうです。そして最後が斎藤(光)がきっちり決めて、3試合連続得点で決定力のあることがいいですね。ノックアウトステージで誰がスタメンするのかで、今のU-19での位置ずけがわかります。とても楽しみですね。優勝までいって欲しいと思います。

サッカー日本代表U-19のまとめ

サッカー日本代表U-19のAFCU-19選手権2018がインドネシアで開催されています。既にグループステージで北朝鮮、タイ、イラクと撃破して、1位通過しました。U-19は久保(建)、安部、斎藤(光)、宮代、原、伊藤(洋)など決定力に優れたタレントがそろっています。すごいです。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.