スポーツ

サッカー女子日本代表なでしこジャパンに海外組をもっと招集すべきだ

サッカー日本代表女子のなでしこジャパンのキャンプでは、来年の東京オリンピックに向けて、あいかわらず若手からの選考が続いているようです。今のコロナの状況では国内組中心の招集で致し方ない面はあります。海外組で熊谷が参加をしていましたが、高倉監督も海外組にもう少し目を向けるべきかと思います。高倉監督が海外組に目を向けないために、東京オリンピックを目指す選手達は海外から国内に復帰する選手が多かった思います。しかし現在は来年のWEリーグに向けて選手の移動が活発化しています。WEリーグに参加しないチームから参加するチームへの移動は当然として、この機会に海外を目指す選手も増えて来ました。なでしこの絶対的エースの岩渕がイングランド移籍が決まったようです。澤選手達がワールドカップで優勝したころに比べて、海外のサッカー女子のレベルははるかに上がっています。今はなでしこの選手がレベルアップのために海外に出ていくのは必然の流れだと思います。この流れに選手は適応しようとそれぞれが動き始めていますが、高倉監督だけが今だ国内組の自分の言うことを聞く若手を相手にしています。このままでは選手のレベルアップがあってもなでしこジャパンのレベルアップはどんどん遅れてしまいます。もともと高倉監督はワールドカップで惨敗した時点でやめるべきでした。しかしサッカー協会はその決断ができませんでした。これはサッカー日本代表の森安監督にも言えることです。現在のなでしこジャパンのメンバーを国内組だけではなく海外組を含めて見てみたいと思います。



 

なでしこジャパンの海外組

なでしこジャパンの海外組と言えば、まず何よりもフランスのリヨンに在籍する熊谷紗希です。2011年のドイツに渡り、2013年からフランスのリヨンに在籍して今に至ります。サッカー女子ワールドカップドイツ大会では優勝メンバーでもあります。ポジションはなでしこジャパンではCBですが、リヨンではボランチで活躍しています。リヨンのUEFA女子チャンピオンズリーグ(女子CL)5連覇に貢献した熊谷はMFとしてベストメンバーに選出されました。ここで考えて見ればなでしこジャパンでも熊谷を守備的ボランチとして起用した方がいいと思います。今のなでしこジャパンには熊谷のような絶対的な守備的ボランチが必要です。何度も言いましたがフランスワールドカップの惨敗はボランチの力不足でした。ボランチには澤や阪口クラスが必要です。杉田や三浦レベルでは米国や欧州勢にはかないません。またDFは市瀬や南など若手が育ってきているので任せればいいと思います。熊谷はフィールドの中央にいて、主将としてチームを統率する方が理想的なような気がします。そして熊谷の相棒は海外経験のあるなでしこリーグで好調の猶本でもいいのですが、最近はトップ下での起用が多いようです。そこで推薦するのがちふれASエルフェン埼玉の長野風花です。なでしこジャパンのチャレンジトレーニングキャンプに招集されていま。す。フランスで行われたU-20女子ワールドカップにおいて10番を背負い活躍し、日本女子サッカー史上初となる優勝に大きく貢献しました。高倉監督の全盛期を支えたボランチの長野風花を信頼して起用すべきだと思います。

攻撃陣ではイングランドに行く岩渕真奈の2トップの相棒として海外組の横山久美をがいいと思います。横山は昨年米国のナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグのワシントン・スピリットに完全移籍しました。年末の英紙ガーディアンの女子選手トップ100では熊谷とこの横山の2選手が入りました。熊谷は11位で横山は84位です。横山についてはポゼッション面で良く、クレバーな動きを見せて、ワシントンスピリットで重要な働きをした。チームで最も印象的なひとりであり、高いパス成功率で、堅実なプレーを見せて2018年以来のランク入りを果たしたと評価しています。まだコロナの影響もあり、試合数も少ない中での評価です。なでしこジャパンでも岩渕と横山が不動の2トップの時期もありました。しかし個性的選手ゆえにか、高倉監督があまり好んでいないようです。サッカー日本代表の森安監督と同じように、高倉監督も言うことを聞く選手が好みのようです。しかし海外組が多くなる中、高倉監督好みの国内組の若手だけの編成ではフランスワールドカップの二の舞です。是非ともこの2人の代表監督には本当に考え方を変えてもらいたいと思います。そして海外組で見てみたいもう一人が永里優季です。昔から個性的で問題が多いとの印象もありますが、やはりプロの世界は実力です。FWであれば点を取る決定力があるかどうかで見るべきです。そういう意味で東京オリンピックまでに一度招集して欲しいと思います。

なでしこジャパンの海外組

サッカー女子日本代表のなでしこジャパンの高倉監督も海外組にもう少し目を向けるべきかと思います。熊谷を絶対的な守備的ボランチで起用し、その相棒に長野風花を推薦します。攻撃陣では岩渕真奈の2トップの相棒として海外組の横山久美をがいいと思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2021 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5