子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表女子なでしこジャパンのアルゼンチン戦で悪夢の予感

サッカー日本代表女子-なでしこジャパンのフランス・ワールドカップの初戦・アルゼンチン戦は引き分けに終わりました。グループでFIFAランクの一番低いアルゼンチンとの引き分けは予選敗退の悪夢を予感させます。このままグループリーグ敗退となれば、高倉監督の責任は免れないでしょう。残り2戦は必勝態勢で戦って欲しいと思います。


なでしこジャパンのW杯アルゼンチン戦

サッカー日本代表女子-なでしこジャパンのスタメンです。GKは山下。池田は控えに回るようです。DFは左からベテラン鮫島熊谷清水です。センターバックには市橋ではなく南が起用されました。ボランチは若い杉田三浦です。そして2列目は左に長谷川、右に中島で不動です。そして2トップに横山菅澤が起用されました。菅澤はスペイン戦で結果を出し、大柄な外国勢に対応できると考えているように思います。なでしこジャパンはアルゼンチンに徹底的に守りを固められて苦戦しました。高倉監督も相手がここまで引いて来るとは思っていなかったと思います。こういう引いて来る相手にはFWにこじ開ける個の力が必要です。その意味でいくら故障明けと言っても、最初から菅澤ではなく岩渕で行くべきだったと思います。百歩譲って岩渕に不安があるとしても、後半に横山を代えるのではなく、菅澤を代えるべきだったでしょう。このことが高倉監督の決定的な起用ミスだったと思います。

後半に高倉監督も岩渕や遠藤を投入して打開をはかりましたが、アルゼンチンの堅い守りを破ることはできませんでした。この時に菅澤ではなく横山がいれば、もっと得点の可能性は高かったと思います。そして終了間際の少しでも時間が欲しいときに菅澤を宝田に代えましたが、時間がない宝田がかわいそうでした。冷静に見える高倉監督もパニックになっていたとしか思えないような交代でした。正直この展開は高倉監督の力量の無さが露呈された場面だったと思います。そしてもう一つの問題が長谷川の試合後のコメントにあったように、ボランチの攻撃参加です。杉田と三浦はワールドカップという未知の舞台で守りに重点を置いていたと思います。しかしワールドカップを制覇した時代の澤や阪口のように、勝っていくにはボランチの攻撃力が絶対的に必要です。攻撃力という面において杉田や三浦は見劣りします。やはりなぜ攻撃力のあるボランチの長野風花を招集しなかったのかが悔やまれます。ベテラン阪口はいましたが、体調面の不安があるようで出場しませんでした。しかし次戦以降はそんなことは言っておられません、絶対的に阪口に頼るべきだと思います。そしてFWも決定力のある横山と岩渕の2トップを軸にすべきです。菅澤は勝っているときの守備固めでの起用でいいと思います。

なでしこジャパンのW杯アルゼンチン戦まとめ

サッカー日本代表女子-なでしこジャパンのフランス・ワールドカップの初戦・アルゼンチン戦の引き分けは予選敗退の悪夢を予感させます。次戦以降は個の力のある横山と岩渕の2トップを軸にして、ボランチに途中からでも阪口を起用すべきだと思います。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5