スポーツ

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台は長野のパスを活かせる攻撃を

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台レディースが第3節で大宮アルディージャVENTUSと引き分けました。WEリーグは1位I神戸、2位浦和、3位AC長野そして4位がマイナビ仙台となりました。サッカー女子日本代表なでしこジャパンに選手を多く送り出していたI神戸と浦和が順当に2連勝しています。最も多く選手を送り出していた東京NBは5位です。高倉監督がいかに不公平な選手招集・起用をしていたかがわかります。フランスワールドカップや東京オリンピックで惨敗し、解任されて当然だったと思います。日本サッカー協会がフランスワールドカップで高倉監督を交代させておけば、東京オリンピックの結果は違ったものになっていたと残念でなりません。



 

WEリーグ マイナビ仙台対大宮V

サッカー女子のWEリーグのマイナビ仙台の大宮V戦のスタメンです。GKは松本。DFは4バックでCBが市瀬國武。左SBは万屋、右SBは佐藤です。WEリーグ開幕以来2試合とも無失点を続けている守備陣です。なでしこジャパンのCBを熊谷とコンビを組んでいた市瀬の安定感と攻撃参加はさすがだと思います。ボランチは長野隅田の黄金コンビです。そして迷える攻撃陣ですが、2列目左から白木、中央に宮澤、右に池尻です。CFはベテランの浜田です。マイナビ仙台の前線の布陣が未だ定まっていないようです。

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台対大宮Vの前半はマイナビ仙台が攻めて、大宮Vが守る形で始まりました。マイナビ仙台は長野のセンスある前線へのパスが何度もありましたが、前線の攻撃陣の連係不足や個人の力量不足で得点まで結びつきませんでした。マイナビ仙台が苦しんでいるうちに大宮Vが反対に攻撃に転じました。大宮Vはなでしこジャパンをワールドカップ優勝に導いた佐々木前監督が総監督にいるので強くなっていくと思います。後半にはマイナビ仙台が4バックから3バックに変更して攻撃をしかけましたが得点は取れませんでした。

松田監督が試合後に言っていた「決めきる力が欲しいし、強いて言えば惜しいチャンスもあまりなかったので、ゴール前での課題は非常に大きいと感じています。」が全てだと思います。マイナビ仙台の監督がチームの現状についてわかっていることが救いではあります。また長野が「ホームで、絶対に勝ち点3を取らなければいけなかった大事な試合の中で、開幕戦同様チャンスを決めきれずに90分が終わってしまって、悔しいというより危機感を感じています。」と言っていました。浜田が退いた後に長野がキャプテンマークを付けますが、初めから長野がキャプテンでいいと思います。マイナビ仙台の攻撃陣では宮澤のトップ下は合わないように思います。宮澤はパサーよりはアタッカータイプで中央よりは左がいいと思います。パサーとしては池尻の方が優れているように思います。ですから1トップであればトップ下に池尻を配置し、宮澤は左がいいと思います。あるいは現状の選手では2トップの選択もありのような気がします。2列目左に宮澤、右に池尻。2トップに浜田、白木のコンビでいいかと思います。いずれにしてもマイナビ仙台としては長野の決定的パスを得点につなげる攻撃陣容を早く確立して欲しいと思います。

WEリーグ マイナビ仙台対大宮Vまとめ

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台が大宮Vと0対0で引き分けました。マイナビ仙台の前線の布陣が未だ定まっていないようです。宮澤はパサーよりはアタッカータイプで中央よりは左、中央は池尻がいい。長野の決定的パスを得点につなげる攻撃陣容を早く確立して欲しい。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP