スポーツ

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台にはストライカー矢形が必要だ

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台レディースが第5節でジェフユナイテッド市原・千葉レディースに1対1で引き分けました。マイナビ仙台はまたしてもホームで初勝利がお預けとなりましたI神戸と浦和が全勝を続けているので、WEリーグの初代女王になるためには勝ち続けることが必要です。マイナビ仙台の2チームとの直接対決を残しているので、まだまだ挽回は可能です。しかしマイナビ仙台は直接対決を迎えるまでに攻撃の形を確立することが必要です。



 

WEリーグ マイナビ仙台対千葉L

サッカー女子のWEリーグのマイナビ仙台の千葉L戦のスタメンです。GKはレベルの高い松本。DFは3バックで左から高平市瀬國武です。前節に続いて高平がスタメンに入りよかったと思います。ボランチは長野隅田。WBは左に万屋、右に矢形です。そして2トップに白木池尻。トップ下に宮澤です。白木・池尻・宮澤の三角形が組まれました。現在のマイナビ仙台のベスト布陣だと思います。

サッカー女子のWEリーグのマイナビ仙台と千葉Lの前半はマイナビ仙台が押し気味にスタートしました。マイナビ仙台はホームでの初勝利にかける意気込みは感じました。そして宮澤からのパスを矢形がシュートしてGKがはじいたところを再度矢形が押し込みました。マイナビ仙台は幸先のいいスタートを切りましたが、徐々に千葉Lが調子を上げて押し込まれる展開になりました。前半終了間際に千葉Lのセットプレーで同点に追いつかれました。後半に万屋を引っ込め、矢形をWBの左に、右に西野を入れました。そして隅田に代わって福田を入れました。しかしマイナビ仙台の攻撃は停滞したままで、更に白木に代わって舟木を入れましたが同じでした。マイナビ仙台にはゴール前のストライカーが絶対的に不足しているので、決定力のある矢形をもっと前に出して欲しいと思います。宮澤や池尻はストライカーというよりはパサーです。長野の精度の高い縦パスを活かせるストライカーが必要です。

WEリーグ マイナビ仙台対千葉Lまとめ

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台が千葉Lに1対1で引き分けました。マイナビ仙台は直接対決を迎えるまでに攻撃の形を確立することが必要です。ゴール前のストライカーが絶対的に不足しているので、決定力のある矢形をもっと前に出して欲しいと思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP