スポーツ

WEリーグのマイナビ仙台は万屋・高平・市瀬・國武の4バックもいい

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台レディースが第10節でINAC神戸レオネッサと1対1で引き分けました。I神戸はWEリーグで初めての失点でした。マイナビ仙台はI神戸との勝ち点9の差を縮めることができませんでした。今週からサッカー女子日本代表なでしこジャパンのヨーロッパ遠征が始まります。代表にマイナビ仙台から長野・隅田・宮澤が選ばれています。I神戸のGK山下と杉田が選ばれなかったことは驚きでした。しかし高倉監督時の問題点だった杉田と三浦のボランチがはずれたことはよかったと思います。池田監督の縦に早い攻撃を考えるとマイナビ仙台の戦い方に通じるところがあるように思います。マイナビ仙台で縦に早い攻撃を実践している長野や宮澤はなでしこジャパンの中心としてきっと活躍してくれると思います。



 

WEリーグ マイナビ仙台対I神戸

サッカー女子のWEリーグのマイナビ仙台の浦和戦のスタメンです。GKは松本です。DFは3バックで左から高平市瀬國武です。前節の浦和戦の反省からか市瀬が中央に戻りました。高平は将来性の高い選手ですが、中央はまだ早いかと思います。マイナビ仙台では中央で市瀬がコントロールとリスク管理をして、國武と高平が両サイドという布陣が今はベストだと思います。ボランチは不動の長野隅田ですが、隅田の代わりに福田も見てみたいとは思います。WBは左に万屋、右に矢形です。矢形は左の方がいい働きをするように思いますが、他に選手がいない現状では致し方ないかなと思います。そして前線は最近固定されているCFに白木、シャドウに宮澤池尻です。

サッカー女子のWEリーグのマイナビ仙台とI神戸戦はさすがに1位と2位の争いにふさわしい力ある戦いになりました。前半にマイナビ仙台が宮澤と池尻の縦への攻撃からこぼれ球を白木がゴールの左隅に蹴り込みました。無失点を続けてきたGK山下も追いつけませんでした。マイナビ仙台の白木の決定力は目を見張るものがあります。これなら十分になでしこジャパンの代表に行ってもおかしくないようにも思います。反対に池尻の決定力が今一つなことが気になりました。後半には宮澤から受けたパスをフリーにもかかわらずGK山下の正面にシュートしていました。最近は白木と池尻の縦への切り込みがいいと思っていたのですが、白木に比べると池尻は決定力不足です。池尻もこのままでは代表はおろか若手にポジションを奪われかねません。サッカー女子日本代表なでしこジャパンに池尻が入るためにも必死になって技術を磨いて欲しいと思います。そして後半にI神戸の成宮に得点を取られて同点になりました。この得点は決してマイナビ仙台のディフェンス陣が崩されたわけではなかったので致し方ないのかなと思います。しかしこの試合はマイナビ仙台にとって勝てた試合だと思うので残念でなりません。

またマイナビ仙台の個々の適性を考えるとGK松本、DFは4バックで左から万屋・高平・市瀬・國武を並べます。CBは市瀬と高平で守りを固めるのと同時に縦へのフィードも期待できます。ボランチは長野と隅田。隅田の代わりに福田も有りかと思います。そして前線は2列目に左に矢形、右に宮澤です。2トップは白木と池尻です。こんな布陣がマイナビ仙台にはベストのような気もします。マイナビ仙台のチーム力は上がってきていると思うので後半戦に向けて頑張って欲しいと思います。

WEリーグ マイナビ仙台対I神戸まとめ

サッカー女子WEリーグのマイナビ仙台がI神戸と1対1で引き分けました。マイナビ仙台では中央で市瀬がコントロールとリスク管理をして、國武と高平が両サイドという布陣がベストです。しかしDFは4バックで左から万屋・高平・市瀬・國武もありかと思います。

子供の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品・日用品を紹介します。→こちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP