子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表のワールドカップコロンビア戦勝利!本田の真意と思惑?

サッカー日本代表のワールドカップ初戦コロンビア戦の勝利、本当におめでとうございます。最初に相手のハンドでコロンビアが10人に減って、有利になったので勝って当たり前のように思えますが、ここで勝ち切ったことに意義があります。昔の日本であれば、いいところ引き分けくらいに終わっていた気がします。


コロンビア戦の前半

開始早々に大迫が切れ込んでシュートはキーパーにはじかれましたが、その後香川が詰めていて相手のハンドでPKを獲得しました。香川がそれを決めて先取点が入り、なおかつ1人多い有利な展開になりました。この時の香川の相手のハンドを誘ったシュートは全くふかしていて、相手が腕にさわらなければゴール枠の外に飛んでいったラッキーなものでした。相変わらず香川の決定力はないなと思いました。しかしその後のPKを決めました。今までの香川であればこのPKもはずしていたでしょう。しかし彼は決めました。何が変わったのか?これには伏線があったと思います。本田からの刺激です。最近本田はエゴを出すと言って、香川を名指しでライバル呼ばわりしました。また決定力は個人の問題でそれが自分にはあると。まさに決定力が香川にないと言わんばかりです。この本田の発言をスポーツ紙は自分のことだけ考えていると非難していました。本当にそうでしょうか?本田は香川の精神力の弱さに対して、わざと香川を奮い立たせるように発言したような気がします。本田にとってこのワールドカップは最後です。自分一人で勝ち続けられるわけではありません。西野監督が香川を選んだ時にその香川がしっかりとやってくれないと自分の目的も果たせないわけです。それが本田の真意だと思います。その結果香川がPKを決めてリードしました。しかしその後の香川はパットしません。解説の岡田元監督もそのことを指摘していました。同時にパラグアイには通用した香川と乾のホットラインが機能しませんでした。やはり相手の格が違ったわけです。大迫や乾のシュートも枠に入らず、柴崎の縦パスやセットプレーも今一でした。しかし守備で何とか頑張っていたのですが、川島がミスして同点にされてしまいました。

コロンビア戦の後半

後半戦も数的優位にもかかわらずなかなか点に結びつくような展開になりません。それで西野監督も香川に替えて本田を入れました。すると最初のセットプレーで大迫がヘディングで合わせてゴールが生まれました。今日の大迫は香川と同様に今までと少し違いました。日本代表で不動のワントップとして誰もそれを脅かす存在がなく危機感がなかったと思います。その証拠に代表選でのゴールもあまりありませんでした。それがワールドカップが近づくと西野監督が岡崎を重視し始めました。大迫のスタメンが危うくなったわけです。それに発奮した結果だと思います。香川にしても大迫にしても、やはり刺激があったからこそ結果を残せたのだと思います。そして本田ですが、いきなりセットプレーでアシストの結果をだし、リードすることになりました。本田にとって勝つことこそ全てであり、有利なこの試合で点を取って勝っておかないと予選突破は難しいという危機感が彼にはあったからだと思います。他の選手は試合後のインタビューで引き分けでもと話す選手もいましたが、本田は違った。勝ちにこだわって、インタビューでも決して楽観的なことは話しませんでした。これが本田だと思います。その本田のマインドの影響か何とか守り抜いて勝ち点3を獲得しました。本田の点を取った後のパフォーマンスはお世辞にもいいとは言えないと思いますが、負ける原因をつくったわけではありません。第一戦はとりあえず本田の思惑どおりになりました。

今回のコロンビア戦のスタメンや本田の後半からの起用について、西野監督の采配も見逃すわけにはいきません。ブラジルを破る奇跡を起こしたことも伊達ではなかったということかもしれません。ただ危惧することは、ワールドカップメンバーに中島をはずして宇佐美をいれるようなエコヒイキさえなければですが。

コロンビア戦のまとめ

サッカー日本代表のワールドカップ初戦コロンビア戦の勝利おめでとう!前半戦に決定力のなかった香川がなぜPKを決められたのか?そこには本田の真意がありました。後半戦で勝利に導いた本田のコーナーキックと日本代表が1点を守り抜いた背景に本田の思惑が読み取れました。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5