タヌキのマーティ

家づくり、安全食品、子育て、温泉応援隊などの雑記ブログ

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

スポーツ

サッカー日本代表のワールドカップのベルギー戦敗退!次は必ずやベスト8!

サッカー日本代表のワールドカップ決勝トーナメント第一戦は惜しくもベルギーに敗退しました。一時は2対0で勝っていたので、もしや勝てるのではと期待しましたが、やはりFIFAランク3位の本気モードはすごかった。主力級が入るとあっという間に同点に追いつかれ、終了間際には逆転されてしまいました。これが現実と受け止めないといけませんが、ランク程の実力差はないなと少し安心はしました。もともと日本はアジアのランクが低い国との対戦が多いので、勝ってもランクはなかなか上がらないようです。今後はランク上位の国との対戦をもっと増やしていくべきかと思います。それでベルギー戦のことと今後について書いてみたいと思います。


ベルギー戦について

細かい話もたくさんあって専門家が分析してくれるでしょう。まずは日本は決定力のある乾、原口が点を決めました。お膳立てする柴崎のスルーの縦パスはすごかったなと思います。香川も乾へのアシストはできたのですが、最初に訪れたシュートチャンスを見事にはずしていました。それと大迫も後半のシュートチャンスをものにできない点はやはり決定力がないのかなという感じでした。長谷部や4バックの守備陣はよくやっていたと思います。攻め込まれていましたが、全員守備でよくしのいでいました。本当にくずされたのは2点目だけだったように思います。ただ川島の反応がもう少し良ければ防げたようにも思えます。1点目はアンラッキー、3点目は日本のCKからのリスタートの甘さが問題でした。キーパーのリスタートを誰も邪魔しないのが不思議でした。邪魔すれば日本ももっと自陣に戻る時間はあったように見えました。いずれにしても後半の怒涛のベルギーの攻めは格の違いを感じました。

サッカー日本代表の今後

今日からは4年後の次のワールドカップに向けてスタートです。監督が西野監督の続投という情報もありますが、今回の結果を踏まえれば誰も文句は出ないように思います。前々から日本人監督がじっくり代表を作り上げたらという話もありました。その意味でも続投はありかと思いますが、悪ければ早い段階で外国人監督に交代すればいいだけのことです。

また選手ですが、今回のワールドカップが最後となるのは、次のワールドカップ時の年齢から判断すると川島(39)、東口(35)、槙野(35)、長友(35)、長谷部(38)、本田(35)、岡崎(36)でしょう。難しいのが吉田(33)、酒井(宏)(32)、酒井(高)(31)、乾(33)、香川(33)、大迫(32)山口(31)、原口(31)でしょうか。残るのは中村(27)、遠藤(29)、植田(27)、柴崎(30)、宇佐美(30)、武藤(29)、昌子(29)、大島(29)でしょう。更に今回呼ばれなかった久保、中島、堂安などが加わってくると思います。いずれにしても中心となって引っ張っていく選手が必要です。さしあたりは柴崎、昌子、中村あたりでしょうか。早く新生日本代表が見たいものです。

ベルギー戦のまとめ

サッカー日本代表のワールドカップ決勝トーナメントのベルギー戦は惜しくも敗退してしまいました。さすがベルギーと言わざるを得ません。今後日本代表がこのレベルに追いつくためには相当な努力が必要です。次は必ずやベスト8に行きましょう。

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-スポーツ
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.