子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

旅行

滋賀県の須賀谷温泉で人気のおもてなしの宿1つ選んだ!温泉応援隊

滋賀県の須賀谷温泉で人気のおもてなしの宿を温泉応援隊が1つ選びました。小谷城跡近くの山里に建つ一軒宿の温泉。戦国時代は、城主浅井長政をはじめ、お市の方やのちの淀君、茶々らも湯治に訪れた古湯だ。戦国武将が傷を癒すのに使ったといわれ、効能も折り紙付きです。泉質はヒドロ炭酸鉄泉で、神経痛・筋肉痛・肩こり・冷え性・胃腸病・アトピー・病後の治療・疲労回復に効果があるとされています。

伊吹山は滋賀県と岐阜県の境にある1377mの山で、日本の百名山の一つです。「古事記」や「日本書記」にも登場する山で、古くは霊峰とされていました。山頂の花畑は国の天然記念物です。山頂駐車場から山頂まで3本の登山道コースで散策が楽しめます。全長17kmの伊吹山ドライブウェイは、絶景を楽しみながら山頂付近までドライブできる人気ロードです。



長浜は長浜城や古戦場など、豊臣秀吉の数々のエピソードが残る、秀吉ゆかりの地です。長浜城歴史博物館は信長と浅井長政による小谷城の戦いでの功により、北近江を与えられた秀吉が初めて築いた居城の跡です。内部は博物館として開放され、秀吉や湖北・長浜の歴史を学べます。展望台からびわ湖や伊吹山など滋賀の絶景を一望でき、春には眼下に700本の桜が咲く花見スポットです。豊国神社は秀吉の没後3周忌にあたる慶長5年(1600)に長浜町民が建立し、徳川家康が天下を治め秀吉信仰が禁じられた後も人気は衰えず、祭神として密かに祀られ続けました。立身出世や金運アップのご利益があるとされ、毎年1月10日に行われる十日戒には、多くの参拝客が訪れます。戦国の世を駆け抜けた秀吉にとって、ターニングポイントになった戦の跡地として、賤ケ岳古戦場賤ケ岳リフト小谷城跡があります。浅井歴史民俗資料館は北近江の戦国大名・浅井氏の歴史と郷土文化が学べる資料館です。長政の奉納刀や小谷城にあった脇門の復元を展示しています。

大通寺は東本願寺の別院で別名長浜御坊ともよ呼ばれ、伏見桃山城の遺構と伝える本堂や大広間など、多くの文化財がの残ります。伊吹山を借景として「含山軒庭園」や、円山応挙の襖絵がある「蘭亭庭園」などの名勝庭園が見事です。狩野山楽、円山応挙らの障壁画なども多数保有されています。長濱八幡宮は平安後期、御三条天皇の勅により創建され、戦国時代に兵火を受けて衰退したが長浜城主であった秀吉により復興しました。秀吉が建立した入母屋造りの拝殿、高床式の本殿をはじめ、菅原道真公を祀る天満宮、ぼけ封じの石がある高良神社など、敷地内には数々の境内社があります。観音寺は伊吹四大寺の一つ、観音寺を鎌倉時代にこの地に移したことがはじまりとされる古刹。本堂、楼鐘、惣門は国の重要文化財に指定されています。秀吉が鷹狩りでこの地に立ち寄った際、寺の小姓だった石田三成が3杯の茶を秀吉に献じたという、有名なエピソードが残ります。

長浜には知的好奇心をくすぐる体験型スポットがあります。ヤンマーミュージアムは株式会社ヤンマーの創業100周年を記念し、創業者・山岡孫吉の故郷である長浜に2013年オープン。海洋・大地・都市の3つをテーマに、ヤンマーの技術やモノづくりについて展示しています。本物の農業機械や建設機械に触れられるほか足湯やカフェもあり、大人から子供まで楽しめます。海洋堂フィギュアミュージアム黒壁龍遊館は食玩と模型のメーカー「海洋堂」のフィギュアを展示しています。グリコのおまけやチョコエッグなどの食玩シリーズをはじめ、恐竜や動物などリアルなフィギュアがズラリ。フィギュアに背景をつけたジオラマ作品はリアルな世界観に釘付けにします。黒壁スクエアは北国街道沿いの黒壁ガラス館を中心に広がるクラシカルな町並みです。2014年7月に開業25周年を迎え、新しい店が続々登場しています。雑貨店や工房、カフェなど、ニューオープンを含め数十の個性派ショップがひしめき、ぶらぶら街歩きにぴったりです。北国街道沿いを商人や旅人が行き交い賑わった長浜には、築100年以上の風情豊かな古民家が多く残り、郷土料理やスイーツまで、滋賀ならではの絶品グルメが味わえるロケーションです。

観音の里は長浜市街の北に位置する高月・木之本エリアには、貴重な観音像を安置する寺が集まっています。木之本地蔵院は古くから目の仏様として信仰されてきた木之本地蔵尊です。8月22日~25日の大縁日は十数万人もの参拝者で賑わいます。本堂下には暗闇の回廊をめぐる「御戒壇巡り」もあります。地蔵大銅像は地蔵としては日本最大の大きさで、日本三大地蔵のひとつでもあります。己高閣はかって己高山に多く存在していた寺院の宝物を、保存・安置するため建てられたました。世代閣には世代山の戸岩寺の本尊や、お市の方が奉納した屏風などが収蔵されています。十一面観世音立像は昭和初期に火災で焼失した鶏足寺の本尊です。漆地の彩色下地が残ります。石道寺は己高山五ヶ寺の寺院で、作家・井上靖の「星と祭」にも描かれている子授けの観音像を祀っています。像の唇や光背に残る彩色から、往時は極彩色だったと考えられています。十一面観音立像は平安末期の作と伝わり、欅の一木造の仏像で、唇に残る朱色が鮮やかです。高野大師堂は元は満願寺の一堂で、境内には神社と薬師堂、大師堂が並びます。大師堂の伝・伝教大師坐像は、伝教大師最澄の肖像と伝わりますが、実際は元三大師の肖像彫刻と考えられています。伝・伝教大師坐像は頭髪やヒゲが表現され、彩色も残るリアルな像です。木像の玉眼も入っています。井上靖記念室は井上靖が小説「星と祭」や随筆「美しきものとの出会い」の中で、湖北の観音像を描いたことから作られた記念室です。井上靖の助言を受けて作られた高月図書館内の2階にあります。高月観音の里歴史民俗資料館は湖北エリアの観音像や郷土の歴史を通じて、仏教の思想や美術、高月の歩みを伝えます。1階展示室「観音様とは」では、多様な形態の観音像や、観音信仰の歴史などを紹介しています。

醒井(さめがい)は豊富な地下水が湧く名所として知られる中山道61番目の宿場町で、地蔵川と川沿いの風景は湖国十景の一つです。清流に群生する梅花藻や絶滅危惧種の魚ハリヨが泳ぐ地蔵川、その周辺に点在する名水スポットがあります。西行水は西行法師の子が泡になったという不思議な「泡子塚」の伝説が残ります。そばに水琴窟もあります。十王水は平安時代中期の天台宗の僧である浄蔵によって開かれた名水です。石の灯篭が目印です。願い橋は心の中で願いを唱えながら橋を渡ると、願いが叶うと伝わる女性に人気のスポットです。居醒の清水は平成の名水100選にも選ばれた湧水です。日本武尊が蛇の毒の高熱を醒ましたという伝説が残ります。醒井木彫美術館は木彫の里として有名な醒井・上丹生の木彫作品を展示しています。明治時代の彫刻家・森大造や井尻庄一の作品を鑑賞できます。

彦根城は井伊家三十五万石の礎として慶長9年(1604)から20数年かけて築城された名城です。城内には国宝の三層白亜の天守をはじめ重要文化財も多数あり、見どころも満載です。また、全国的にも大人気のゆるキャラ・ひこにゃんに会えるスポットとしても有名です。お城めぐりスポットとしては、いろは松、馬屋、表門参道、天秤櫓、時報鐘、聴鐘庵、太鼓門櫓などがあります。天守は日本に現存する国宝四天守の一つです。大津城から移築して再構築したものとされ、切妻破風、入母屋破風、唐破風など多様な屋根様式を組み合わせることで変化に富んだ美しさを見せています。内部は通し柱を用いず、各階ごとに積み上げていく高度な建築工法をとっています。昭和35年に井伊直弼の没後100年を記念する事業として、彦根市民の寄付を募り彦根城の佐和多聞櫓を再現したものです。外堀に沿って見事な石垣が見られるほか、彦根のまちの歴史を紹介するパネルなどを展示しています。彦根城博物館は江戸時代に彦根藩の政庁だった表御殿を復元した博物館です。甲冑や刀剣、能面、茶道具など井伊家伝来の品々を展示しています。埋木舎は13代彦根藩主の井伊直弼が17歳から15年間を過ごした家です。現在は直弼の側役だった大久保小膳の子孫が5代目当主を務めています。邸内には直弼ゆかりの品々が展示されています。彦根城お堀めぐりは情緒満点の屋形船で彦根城のお堀を遊覧しまう。江戸時代に米などの運搬に利用されていた屋形船を、当時の資料をもとに再現した船で、ガイドさんの解説を聞きながら、約45分間の周遊が楽しめます。玄宮園は4代彦根藩主の直興によって延宝5年(1677)造営された大名庭園です。江戸文化の贅を尽くした池泉回遊式の庭園で、近江八景を模して造られたとされます。毎年9月には「虫の音を聞く会」が開かれます。

多賀大社は伊邪那岐命(イザナギノミコト)・伊邪那美命(イザナミノミコト)の2柱を祀る神社です。古くから長寿祈願の神として信仰され、「お多賀さん」の愛称で親しまれます。名勝・奥書院庭園を有する社としても有名です。湖東三山とは、湖東に点在する天台宗の3名刹、金剛輪寺、西明寺、百済寺の総称です。その南に位置する永源寺と共に紅葉の名所として名高いです。国史跡百済寺は聖徳太子が渡来した百済人のために創建したとされる近江最古級の寺院です。本坊の秋景は「日本の名庭百選」の一つです。西明寺は仁明天皇の勅願によって承和元年(834年)に開創された古刹。国宝の本堂や重要文化財の薬師如来、秋・冬・春と咲き続ける樹齢250年の不断桜など見どころが多い。金剛輪寺は高層、行基が天平13年(741年)に開創。桃山~江戸期作庭の名勝庭園や重要文化財の二天門などが拝観できます。本堂の紅葉は「血染めの紅葉と呼ばれるほどの美しさ。永源寺は臨済宗永源寺の大本山、子授けにご利益がある世継観世音菩薩を本堂に祀ります。境内の紅葉した木々約3000本が頭上や足元を染めます。

滋賀県の須賀谷温泉で人気の宿

滋賀県の須賀谷温泉で人気のおもてなしのホテル・旅館を温泉応援隊が1つ選びました。温泉のホテル・旅館で受けた心のこもったおもてなしやおいしい料理、気持ちの良いお風呂に出会えば、人は何かしら無償でそのホテル・旅館を応援したくなるものです。温泉応援隊はそんなホテル・旅館を見つけて、そのつなぎ役になることを目指しています。

須賀谷温泉

須賀谷温泉は小谷城の麓にひっそりと涌く秘湯は、浅井長政も湯治に通ったという歴史の湯です。戦国武将が傷を癒すのに使ったといわれ、効能も折り紙付きです。(県下初の「かけ流し式」を採用しております) 皆様をおもてなしするお料理は、目に舌に季節の彩りを伝える会席料理。四季折々の旬の味覚にこの地の幸を加えてご賞味いただきます。公式サイトはこちら

温泉応援隊:静かでとても落ち着く旅館でした。お料理も美味しく、大変のんびりできてとても良かったです。家族でチワワ連れで宿泊しました。部屋もきれいで広く、人もワンコもくつろいで過ごせました。部屋から出入り口が近く、散歩も気がねなく出かけられるのがいいです。お風呂は二種類の泉質があり、交互に楽しめました。食事も量・味ともに満足でした。お湯がいい!部屋もきれい。静かな環境。価格も良心的!ビジネス利用でもありがたい。温泉でもゆったり、食事も美味しく頂きました。リニューアルした部屋も広く、マッサージ機もあり、部屋の半露天風呂も良かったです。大変満足でした。泉質がとても良くてほっこり癒されました!食事も大変美味しく素敵な休日を過ごさせて頂きました広いお部屋はキレイにお掃除がされていて、とても気持ちよく過ごさせて頂きました。食事もおいしく、また行きたいと思います。お湯も良いし、満足です。近江米おいしくて、朝ごはん久々おかわりしました。
須賀谷温泉

滋賀県の須賀谷温泉で人気の宿まとめ

滋賀県の須賀谷温泉で人気のおもてなしのホテル・旅館を温泉応援隊が1つ選びました。須賀谷温泉は小谷城跡近くの山里に建つ一軒宿の温泉。戦国時代は、城主浅井長政をはじめ、お市の方やのちの淀君、茶々らも湯治に訪れた古湯だ。そして選んだのは須賀谷温泉です。

温泉応援隊の目次はこちら

滋賀県の須賀谷温泉の須賀谷温泉への応援メッセージがあれば、下記フォームに記入して[送信]をクリックしてください。良いものはこのページに掲載させていただき、どんどん応援していきたいと思います。

    子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

    ⇒楽天24専用一覧はこちら

    ⇒アマゾン発送品一覧はこちら

    -旅行
    -,

    PAGE TOP

    © 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5