子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

耐震シェルターの鋼鉄系は大きな荷重、風通し、シックハウスに最適!

耐震シェルターは鋼鉄系、木質系、混合系がありますが、大きい垂直加重に耐えうるかということを考えると、やはり鋼鉄系が安心です。また木質系だと壁面でも支えることが必要になるので、密室性が高くなり、夏の暑い日などの風通しなどに不安があります。そして木質でも頑丈な合板などが使われたり、クロスを貼ったりされていると接着剤などでシックハウス的に不安があります。ですから耐震シェルターを考える場合には鋼鉄系がいいと思います。

選んだ鉄骨系の耐震シェルターは、耐震TB耐震シェルター「鋼耐震」耐震シェルター レスキュールームシェル太くん工法シェルキューブの4つです。



TB耐震シェルター「鋼耐震」

TB(東武ボウサイ株式会社)耐震シェルター「鋼耐震」は、近畿大学建築科「故須賀好富教授」の指導を受け、多くのデータを基に
開発、製品化されたもので、自宅のお部屋の一部を耐震シェルター化します。シェルターと既存の建物とは結合せず、大地震の際にシェルター内部(部屋内)の倒壊を防ぎます。100tの荷重でも大丈夫です。シェルター内部の室内は通常のリフォームと同じ仕上がりです。一般的な耐震リフォームとは異なり柱や壁、耐震金物の追加のみではなく基礎からしっかりと施工します。施工実績は約750棟以上です。自治体主催による各種「耐震技術コンクール」でも多くの受賞歴を誇り、東京都の耐震対策の選定をはじめ、多くの自治体で施工費用が「助成金」の対象とされています。

鋼耐震には壁パネルと呼ばれる鉄骨の壁があり、壁パネルは壁1面に対して1箇所ずつ必要なので、1つの部屋に4箇所設置する必要があります。このパネルの部分が内側に約15cm位出るのでその分は部屋が狭くなります。4.5帖用、6帖用、8帖用、10帖用が基本で、どのような間取りであっても対応可能です。工事期間はコンクリートの養生期間(乾燥させる時間)が季節(湿度と温度)によって多少変わりますが、約20日間程度です。あくまで一部屋だけに設置するシェルターなので、既存の住宅の躯体と接合するというようなことはありません。従って、家の他の部分が強くなったり、逆に損傷を与えるといったことはありません。床下収納庫などを設置することも可能です。(但し、寸法は600mm×600mmに限定されます。)断熱材は基本的に床下のみに入ります。施工上の条件や、家の構造等によって1軒ごとに価格は多少異なりますが、6帖間の場合なら、およそ280万円くらいです。詳しく見積りをとってみるとわかります。シェルターの鉄骨本体部分の瑕疵や欠陥についてはメーカーにより、20年保証されています。

TB耐震シェルター「鋼耐震」のサイトはこちら

耐震シェルター レスキュールーム

耐震シェルターレスキュールームは、自宅の一部屋だけに特殊な鉄骨を組み込むだけで、まるで巨大な大黒柱が出来上がり、家全体の強度を大幅に向上させます。他の工法で同等の耐震性能を得る為には、大幅なリフォームが必要になりますが、レスキュールーム工法では一部屋だけの工事でコストを抑えます。また、レスキュールーム工法では、工事期間中の引越しなどは不要です。また、レスキュールームを組み込んだ部屋は、垂直加重最大65トンに耐えられる性能を持つため、隣家の倒壊による被害からも命を守る耐震シェルターとしての役割を 果たします。

床下の基礎を鉄筋コンクリート構造に形成し、頑丈な土台作りをします。部屋の6面(床・壁・天井)を鉄骨で補強します。既存の柱と鉄骨を免震接続金物で固定してあるため、柱が腐っても家は傾きません。側面には鉄の筋交いが入っているため、地震によるネジレに強い構造です。部屋に設置する事により、部屋が大黒柱の役割をします。建て替えなしで既存住宅に組み込めます。住んでいるまま工事可能です。工期は7~10日間。どんな間取りでも取り付け可能です。自宅にあわせてオーダーメイド(窓の位置もそのままでOK)できます。欠陥住宅など既に傾いている家でも修理可能です。柱・土台などが腐って倒壊のおそれのある建物に最適です。土砂災害時の倒壊も防ぎます。8畳の標準仕上がり価格で350万円~380万円です。

耐震シェルターレスキュールームのサイトはこちら

シェル太くん工法

ヤマヒサオリジナル耐震構造シェル太くんは一部屋だけ耐震強化するリフォームシステムです。シェル太くんは一室のみの施工なので建て替えや全面補強に比べ費用が抑えられます。また短い工期で施工が完了するため、わざわざ引越しするわずらわしさもありません。耐震性に欠けていると言われる老朽化した木造家屋の頼もしい味方がシェル太くんです。木造在来住宅であればシェル太くんは築年数に関係なく施工可能です。家の建て替えや全面補強に比べ、低額な費用で耐震鉄骨構造の部屋に改築できます。また現状の出入り口や窓の位置は、そのままの状態に残すことも可能です。改築後の部屋は和風・洋風、お好みに合わせてセンスの良い内装に仕上がります。

シェル太くんは内組独立工法を採用。短い工期で施工が完了する為、わざわざ引越しするわずらわしさがありません。シェル太くんは床下収納庫(非常用品等備蓄用)を標準装備しています。その他、非常灯、簡易型自動消火装置などの防災機能設備といったオプション品も充実しています。構造体の強度はもちろんのこと、機能性までもトータルに追及されています。セーフティールームシェル太くんは耐震シェルター設置の補助金を受けることができる対象商品です。部屋の中に頑強な鉄骨ユニットを組み込み、床・壁・天井には通常の内装工事を行いますので、見た目は普通の部屋とほとんど変わりません。シェル太くんの構造強度は、8t強の保有水平耐力(横から倒そうとする力に対抗する力)及び、鉛直荷重31t強(上から潰そうとする力)の負荷に耐えることを確認されています。

シェル太くん工法のサイトはこちら

シェルキューブ

シェルキューブは建物内部の1部屋に設置することで、低コストで短工期を実現するとともに、建物倒壊時でも安全な居住空間を確保できます。さらに、性能確認試験でも、100トン以上の垂直荷重性能が確認されています。住みながら施工できるので、工事中でも普段通りの生活をすることができます。

シェルキューブのサイトはこちら

耐震シェルター鋼鉄系まとめ

耐震シェルターを考える場合には鋼鉄系がいいと思います。選んだ鉄骨系の耐震シェルターは、耐震TB耐震シェルター「鋼耐震」、耐震シェルター レスキュールーム、シェル太くん工法、シェルキューブの4つです。いずれも補助金を受けることができる対象商品です。

耐震シェルターの他の記事

家づくりの目次はこちら

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-
-

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5