子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

ダイニングテーブルのサイズ選びで知っておくべき基本的なポイントは

日々の楽しい食事をするダイニングテーブルはサイズ選びが重要です。天板サイズ(幅と奥行き)、高さの3つのサイズポイントが過ごす人数や部屋サイズ、過ごし方・見え方に影響を与えます。ダイニングテーブルを選ぶ際はライフスタイルに合ったサイズを選ぶことが大切です。

ダイニングテーブルのサイズ

ダイニングテーブルを選ぶ際のポイントとして最も多いのが使用人数から決めるケースです。そして使用人数がダイニングテーブルの天板サイズ(=幅と奥行き)選びに大きく影響します。まずダイニングテーブルを選ぶ際、知っておくと便利なのが1人が食事するのに必要なスペースです。各種食器とグラスを並べて食事すると、1人あたり幅60cm、奥行き40cm必要になります。1人あたり幅60cm x 奥行き40cmが必要なので、例えば合計4名(2名x2名)の場合、幅60cm x 2名 = 120cm、奥行き40cm x 2名 = 80cmと4名で使用する際、必要なダイニングテーブルのサイズが割り出せます。幅120cm x 奥行き80cm、これが4人用に必要な基本サイズです。状況によりもう少し大きいサイズが使いやすい場合もあります。そのため過ごし方や使用人数、体格などに応じてテーブルサイズを選ぶ必要があります。ですから4人用ダイニングの定番サイズには120cm、135cm、150cmの3サイズがあります。



 

ダイニングテーブルは家具の中でも、部屋の面積を占める割合が大きいアイテムのため、部屋サイズや畳数に比例してサイズバランスを考えることになります。希望されているダイニングのサイズ(幅と奥行)が住む部屋に対して適正かどうか慎重に検討します。また同じ部屋サイズでも間取りによって、ダイニングテーブルのサイズや置く位置・向きが変わります。ソファと同じ部屋に配置することが多いため、ソファとのサイズバランスや生活動線の確保などもふまえないといけません。動線とは人が家の中で動く経路のことを言います。家の中でスムーズに動くことができる家は家事もしやすく、住みやすい家となるため、家具を配置するときにも動線を考えておかなくてはなりません。家の中で人が移動するために必要な動線の幅は60㎝です。家具と壁までは人がスムーズに通れるように60㎝はあけておきます。そうすれば部屋の中をストレス無く移動することができます。動線の幅60cmはテーブルだけでなく、椅子を配置したときにも同様です。

日々の食事を快適な時間に変えてくれるダイニングテーブルは、使用する方の身長や過ごし方によって「高さ」が重要となります。身長やライフスタイルなどに合わせて、適切な高さのダイニングテーブルとチェアを選ぶことが快適なダイニングライフの一歩となります。適切なダイニングテーブルの高さを選んで快適なダイニング空間を作るために、まずはダイニングテーブルの標準的な高さサイズやバリエーションを知る必要があります。一般的なダイニングテーブルの高さは使用される方の身長にもよりますが、日本人の平均身長 (男性:171cm、女性:158cm) から考えた場合、高さ70~72cmが標準的なダイニングテーブルの高さになります。世の中に販売されているダイニングで最も多いのがこの高さで、大人の方が食事や読書などする時に使いやすいベーシックな高さと言えます。

ダイニングテーブルの快適なダイニングライフを生み出すにはもう1点大事なポイントが有ります。それは、ダイニングテーブルの高さとチェア・ソファの座面高さの適切なサイズバランスを作ることです。もしダイニングテーブルの高さにチェアの座面高さが合わない場合、食事や作業がしにくい食卓になってしまいます。ダイニングテーブルの高さと合わせて重要なのがチェアの座面高さです。日本人の平均身長から算出した場合、座面高さ=約42cm前後が標準的なサイズと言われています。自身にあったチェアの座面高さを選ぶことによって、ダイニングテーブルでの暮らしをより充実させることができます。例えば、チェアの座面が高すぎると「足が床に付かない」「食事がしにくい」などのケースが発生して、逆に低すぎても同様に「座りにくい」「食事がしにくい」ということが起こります。テーブルの天板高さとチェアの座面高さの差=「差尺」が25~30cm以内に収まるダイニングテーブル を選ぶことです。適切な差尺に収めることが、座りやすく食事や作業がしやすい食卓を生み出します。差尺30cmは一般的なサイズ感です。大人の方を中心とした食卓や身長の高い方に合います。差尺25cmは少し低いサイズ感です。部屋を広く見せたり、大人の方とお子様で過ごす場合や和食中心の食卓に向いています。

最後に3人家族の場合のダイニングテーブルをどうするかという問題です。リビングダイニングの大きさもあまり大きくありません。となるとやはり幅120cm×奥行き80cmのサイズで3人が三角形に並ぶ形がいいと思っています。テーブルの高さは72cmで椅子の座面の高さは42cmです。差尺30cmを確保します。

ダイニングテーブルのサイズまとめ

ダイニングテーブルはサイズ選びが重要です。1人あたり幅60cm×奥行き40cm、4人用は幅120cm x 奥行き80cmが基本サイズです。高さは70~72cmが標準的、天板高さとチェアの座面高さの差=「差尺」が25~30cm以内。ダイニングテーブル周りの動線の幅は60㎝以上です。

ダイニングテーブルの他の記事

家づくりの目次はこちら

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-
-

PAGE TOP

© 2020 タヌキのマーティ Powered by AFFINGER5