子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

子育て

高校3年生の進路で大学の文系学部で社会学系統の学部をチェック!

社会学系統の目的は、さまざまな観点から人間社会の問題を解明することです。社会科学、人文科学、自然科学のいずれか1つに限定されない学際的な傾向が強く、フィールドワーク(実地調査)も重視されます。また近年の社会の多様化に対応して、メディアを扱う学部・学科も増加しています。社会学系統では人間と人間との関係を研究し、社会とは何かを考えていきます。いわば、研究対象は社会全般で非常に広範な領域にひろがる学問です。例えば家族といった比較的限られた領域はもちろんのこと、都市問題やマスコミ論などさまざまな分野がその対象になります。全てに共通して必要なのは柔軟に考え分析し、把握する力を培うことです。知識を身につけるだけではなく、フィールドワークで現実に即した調査研究をすることが重要であり、日頃から鋭く物事をみる感性、問題意識を自ら持つことが必要とされます。自分の手や足、頭を使って得た実地調査で自分の仮説を裏付け、理論としていきます。そのため、比較的行動力が求められています。



 

大学の社会学系統の学部

社会学

社会学は社会と人間をテーマにあらゆる社会現象を多面的に分析します。さまざまな人間の集団、組織の集合体である社会の仕組みと働きを社会科学、人文科学、自然科学の多様な観点から調査・研究します。研究対象は個人から国家レベルまで、扱う領域も社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。人々が作る社会には、家族や友人から作る小さな社会、学校や企業などの集団という社会、異なる文化の人々が作る都市という社会、マス・メディアやインターネットで繋がっている情報社会などがあり、そこでは多種多様な問題が起きています。例えば、人間関係の問題やいじめ問題、環境汚染問題など、社会学ではきりがないほど様々な対象や現象を取り上げています。そしてこの問題を解明する際には常識にとらわれない思考が重要になってきます。常識だと思っていることを問いなおすことで、問題解決の糸口を見出すことができます。また、実際に外へ足を運び、観察したり、話を聞いたり、調査をすることで問題解決に導くことも求められます。こうして社会に起きる問題を解決していくことによって、よりよい社会の実現を目標としているのです。

メディア学

メディア学はマスコミやマスメディアを研究し、メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究します。活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究します。メディア学は人間のコミュニケーションとメディア社会の本質を理解し、その知識を活用する学問です。現代社会では新聞やテレビなど従来のマス・メディアに加え、近年のデジタル化によってインターネットが普及したことにより、メディアの世界は急速に発達しました。ですからメディアは大きな影響力を持っているといえます。そのメディアの影響について考え、人々のつながりや関係性に及ぼす効果を実践的に研究します。

情報学

情報学とは情報と人間・社会との関係を研究する学問で、幅広い学問領域をカバーしていることが特徴といえます。学べる分野として、情報の伝達・制御の原理を学ぶ情報科学、情報の社会的利用の方法を学ぶ図書館学などがあります。情報学とは社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。図書館情報学は図書館をはじめとしてIT時代の知識や情報の管理、流通、蓄積に関する内容を学びます。図書館運用に関わる知識を身につけると当時に、IT技術を活用して図書館に集積した膨大な情報や社会の知的情報の蓄積・整理について研究し、情報の有効活用に貢献します。

観光学

観光学は文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学びます。観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野があります。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べます。現代の産業社会において観光は重要性を増しており、観光学は近年注目されている学問分野です。観光学は多様な目的で大量の人々が移動することが前提として成り立つ社会について学び、人間そのものについての理解を深めようとする学問領域です。また科学技術の発展やグローバル化の進展のもとで現代社会は大きな変容を遂げていて、それに連れて文化現象も大きく変化し、新たな観光形態が誕生します。この文化現象を社会学の視点を中心としてより深く捉えることを目指しています。

大学の教育・人間学系統の学部の卒業後

社会学系統の就職先は幅広く、特に社会学の研究手法を活かせるマスコミや広告関連が人気です。大手の新聞社やテレビ局、出版社、広告会社ばかりでなく、IT 系企業などマスコミに関連する仕事がますます広がり続けています。情報学では図書館の他、メディア系企業を中心に多様な業界に就職しています。目指せる資格は中・高校教員免許、司書教諭、司書、学芸員、社会調査士、情報処理技術者、観光業など。

大学の社会系統の学部まとめ

社会学系統の目的は、さまざまな観点から人間社会の問題を多面的に解明することです。メディア学はメディアの機能や役割が人や社会に及ぼす影響を研究します。情報学とは情報と人間・社会との関係を研究します。観光学は観光で必要とされる知識や技術を学びます。

*この記事はいろいろな情報を検討し、あくまで主観で書いていますことをご了解願います。

子育てで親の参考になる話、絶対知っておいた方がいい話が満載-目次

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-子育て
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.