子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

洗濯機は縦型の簡易乾燥機能付き全自動洗濯機で穴なし槽のシャープ!

洗濯機を選ぶときにどうするか決めないといけない事項が2つあります。一つは従来に縦型かはやりのドラム式かということと、もう一つは乾燥機能付きかどうかということです。しかしこの決定はあまり難しくないと思っています。機能やメリット・デメリットがどうかなどと詳細を検討するまでもなく、縦型の乾燥機能なしがいいと思います。



ドラム式は洗濯物の出し入れに腰をかがめないといけません。毎日の洗濯で腰に負担がかかるようなことはしたくありません。この点でなぜドラム式がもてはやされるのか全くわかりません。しかし最近は縦型も見直されて来ているようです。また乾燥機能付きはヒーターが内蔵されるということで、干せば自然に乾くにもかかわらず、無理にエネルギーを使う必要はないと思います。省エネの時代で、環境にやさしいという面でも乾燥機は不要と思います。今ある洗濯機が故障したこともあり、新しく購入するのに縦型の乾燥機なしを前提として検討したいと思います。

洗濯機の縦型

洗濯機の縦型に決まりですが、その特徴について確認しておきましょう。洗濯機の縦型はうずまき状の水流が汚れを落とす、従来の主流タイプです。縦型の水槽に水を貯めて、洗濯槽底のパルセーターを回転し、うずまき状の水流で洗濯する方式です。水が豊富で軟水(洗剤が良く泡立つ)の日本には適しています。たくさんの水で洗剤を泡立てて、頑固な汚れもしっかり落としてくれます。メリットは多くの水を溜めて洗うため、洗剤が泡立ち洗浄力が高い。本体価格が比較的安く、サイズが小さめ。対応容量が多く選べるなどです。反対にデメリットは衣類が傷みやすい。大物衣類は出し入れしにくくなりがちなどです。しかし衣類が傷みやすい対策として、洗濯ネットを使用すれば傷みを防ぐことができます。また簡易乾燥機能付き洗濯機は風などを利用し、脱水状態よりも乾燥させることが出来るタイプです。完全乾燥はしませんが、室内干しの時に少しでも乾いた状態で干したいという方には最適です。乾燥機能の無い「全自動洗濯機」は現在はほとんどなく、全自動洗濯機という名称でも乾燥機能付きがほとんどです。

洗濯機の大きさ

洗濯機は「防水パン」や「防水トレー」と呼ばれるスペースに設置します。既設の場合は設置スペースを確認し、設置可能なサイズの機種を選ぶことが必要です。また縦横、奥行きだけでなく、給水用水栓の蛇口の高さや距離の確認も必要です。さらに見逃しがちなのが設置場所までの運搬経路の横幅や高さ。こうしたサイズを確認し、すべてクリアできる本体サイズの機種を選ぶことが必要です。どれくらいの容量が最適なのかは、1日どれくらいの洗濯物が出るかを目安に選ぶのが一般的と言われています。家族構成を目安にし、4人家族で6kgといわれていますが、最近は大容量化がすすみ、8kg・9kgサイズが主流となっています。しかし4kgの洗濯物を、定格容量5kgの洗濯機と定格容量8Kgの洗濯機でした場合、8Kgの方が電気代・水道代ともにかさみます。洗濯機が最も効率良く(省エネ)に運転できるのは、定格容量の8割程度ですので、必要な容量を見極めて購入すると省エネにつながります。

洗濯機の機種

洗濯機メーカーでは日立、東芝、パナソニック、シャープ、AQUAなどがあります。今家にある洗濯機がシャープです。もう10年以上も前に購入しました。このときシャープを選んだ理由が通販生活で推奨していたからでした。その推奨理由がシャープの穴なし槽です。この穴なし槽はシャープだけで1992年から始まったようです。穴がないので、洗濯槽の外側や底裏についた黒カビや汚れが槽内へ侵入しません。黒カビなどの汚れから守って、清潔な水で洗い・すすぎができます。実際今まで使っていて、洗濯機の槽内の汚れで困ったことはありません。黒カビなど一度も見たことがありません。ですから各メーカーで特徴はいろいろありますが、このシャープの優位性は今も変わりません。またシャープには高いグレードの機種に超音波ウォッシャーが搭載されています。超音波ウォッシャーでキレイと時短を実現して、衣類の傷みを抑えられるので、衣類がキレイに着続けられます。今家にあるシャープの洗濯機にも搭載されています。衣類をその超音波ウォッシャーにかざすわけですが、使い勝手が悪くあまり使いません。しかしこの機能は捨てがたいと考えています。別売りで充電式のものが販売されているので、別の場所で超音波ウォッシャーを使えるのでその方が便利だと思います。今購入を検討している機種はシャープの簡易乾燥機能付きの全自動洗濯機です。家庭的には3人家族で今使っている洗濯機の容量7kgで十分です。しかし今回は毛布なども洗えるということで、8kgのES-GV8Cを購入しました。
シャープ全自動洗濯機

洗濯機のまとめ

洗濯機を選ぶにあたって、ドラム式は腰を曲げたりする負担がいやです。乾燥機はなくても自然乾燥で十分です。洗濯機は縦型の簡素乾燥機付き全自動洗濯機を選びました。機種は唯一穴なし槽が売りのシャープで決まりです。容量は少し大きめの8kgです。

水周り 他の記事

家づくりの目次はこちら

子供の食の安全に意識の高い父母の方々に人気があり、選ばれ続けている安心安全な食品を紹介します。→こちら

⇒楽天24専用一覧はこちら

⇒アマゾン発送品一覧はこちら

-
-,

PAGE TOP

Copyright© タヌキのマーティ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.